特集

『音に聞く』高尾長良――立ち読み

文: 高尾長良

文學界9月号

「文学界 9月号」(文藝春秋 編)

 わたしは手渡された手記を開いたものの、彼の前で頁を繰るのは居心地が悪かった。狭い室内に座っている彼の周囲には、人が年齢を重ねるに伴って増えてゆく過去の空気の残滓や、あたりを払う、と形容しても良いほどのよそよそしい気難しさ、鬱屈した焦燥感といった要素が堆積しており、それらに彼の元々大柄な身体つきも加わって、相対するわたしを圧迫したからである。わたしは何とか彼に察しさせようと、当たり障りのないことを喋っていたが、彼はなかなか気づかなかった。彼は一言も喋ろうとせずに、大きな眼でわたしの顔を――と見えて、実はわたしの背後を――見ているばかりだった。やがてわたしが、祇園にでも行ってきたらどうですか、と訊ねると、彼は面食らった様子で立ち上がった。確かにあのへんには用があった、と彼は呟き、部屋を出ていった。窓から望む岡崎疎水の葉桜の陰に彼が消えてから、わたしは手記に目を通した。

文學界 9月号

2019年9月号 / 8月7日発売 / 定価970円(本体898円)
詳しくはこちら>>


 こちらもおすすめ
特集<特集「文学なき国語教育」が危うい!>現役高校教師座談会 「文学」で「論理」は十分学べる(2019.08.21)
特集『瞬きと瞬き』樋口恭介――立ち読み(2019.08.27)