特集

「麒麟がくる」の理解度アップ間違いなし! 文春文庫と単行本から厳選したおすすめ4冊

逆軍の旗(藤沢 周平)<文春文庫>/明智光秀(早乙女 貢)<文春文庫>/明智光秀をめぐる武将列伝(海音寺 潮五郎)<文春文庫>/本意に非ず(上田 秀人)<単行本>

逆軍の旗(藤沢 周平) 文春文庫

時代小説の名手、藤沢周平が手がけた歴史小説

坐して滅ぶか、あるいは叛くか――異色歴史小説集! 戦国武将で一際異彩を放ち今なお謎に包まれた明智光秀を描く表題作他、郷里の歴史に材をとった「上意改まる」「幻にあらず」等四篇。

『逆軍の旗』 (藤沢 周平)

明智光秀(早乙女 貢) 文春文庫

伝記歴史小説の傑作が復刊!

明智光秀は山崎の戦いで討ち死にはせず生き延び身分を替えて家康の側近として暗躍し、豊臣を滅ぼし天下奪取を実現させたのであった。

『明智光秀』(早乙女 貢)

 明智光秀をめぐる武将列伝(海音寺 潮五郎) 文春文庫

ドラマの理解度アップ間違いなし!

2020年大河ドラマ主人公と、彼を取り巻く武将たち 日本史上の武将たちの史実の姿に迫った古典的シリーズから、光秀と天下を競った武将たち、道三、信長、秀吉、家康らの評伝を一冊に。

『明智光秀をめぐる武将列伝』(海音寺 潮五郎)

 本意に非ず(上田 秀人) 単行本

光秀はなぜ信長を討ったのか――。

歴史に翻弄された男たち、明智光秀、松永久秀、伊達政宗、長谷川平蔵、勝海舟──の悔いとは。歴史の流れの中で、理想や志と裏腹な決意をせねばならなかった彼らの、後悔と無念の人生を描いた短編集。

『本意に非ず』(上田 秀人)


NHK 大河ドラマ『麒麟がくる』
長谷川博己×明智光秀 いよいよスタート!

NHK公式サイト https://www.nhk.or.jp/kirin/

逆軍の旗藤沢周平

定価:本体630円+税発売日:2014年02月07日

明智光秀早乙女 貢

定価:本体940円+税発売日:2018年11月09日

明智光秀をめぐる武将列伝海音寺潮五郎

定価:本体890円+税発売日:2019年09月03日

本意に非ず上田秀人

定価:本体1,700円+税発売日:2019年11月11日


 こちらもおすすめ
インタビューほか<上田秀人インタビュー>明智光秀はなぜ信長を討ったのか?(2019.12.11)
書評前代未聞の1万字解説! 「苛烈で、繊細で、孤独で、その瞬間、一人だけ共にいた」(2019.12.07)
インタビューほか<木下昌輝インタビュー> 天下統一までの謎を解き明かす(2019.03.13)
インタビューほか新しい信長像――そのカリスマと狂気(2016.03.14)