ニュース

2020年本屋大賞ノミネート作品に川上未映子さんの『夏物語』が選ばれました。

2020年本屋大賞ノミネート作品に川上未映子さんの『夏物語』が選ばれました。

川上未映子『夏物語』(文藝春秋)

著者プロフィール

川上未映子(かわかみ・みえこ)
1976年大阪府生まれ。2007年『わたくし率 イン 歯ー、または世界』『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』で早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞、08年『乳と卵』で芥川賞、09年詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で中原中也賞、10年『ヘヴン』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、紫式部文学賞、13年詩集『水瓶』で高見順賞、『愛の夢とか』で谷崎潤一郎賞、16年『マリーの愛の証明』でGRANTA Best of Young Japanese Novelists、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞を受賞。他の著書に『すべて真夜中の恋人たち』、『きみは赤ちゃん』、『みみずくは黄昏に飛びたつ』(村上春樹氏との共著)、『ウィステリアと三人の女たち』など。17年には「早稲田文学増刊 女性号」で責任編集を務めた。


大賞の発表は4月7日になります。

本屋大賞公式サイト
https://www.hontai.or.jp/

特設サイトへ
夏物語川上未映子

定価:本体1,800円+税発売日:2019年07月11日


 こちらもおすすめ
インタビューほか<川上未映子ロング・インタビュー>「生む/生まない、そして生まれることへの問い」(2019.12.05)
書評性行為ができず、パートナーもいない女性が「非配偶者間人工授精」を望むとき(2019.10.17)
書評「ものすごい文学を読んでしまった、という思いです」──全国の書店員さんから『夏物語』に寄せられた声の一部をご紹介(2019.08.29)