インタビューほか

作家・柚月裕子、最高裁判所へ! 最高裁判所訪問ルポ(1)

『あしたの君へ』(柚月 裕子)

研修中の家庭裁判所調査官補、通称“カンポちゃん”の望月大地を主人公にした『あしたの君へ』が昨秋、文庫化された柚月裕子さん。この度、読書好きという林道晴最高裁判事のお招きで、最高裁判所を見学に訪れました。

林道晴最高裁判事 今日はお越しいただきありがとうございます。以前から柚月さんの大ファンだったのですが、『あしたの君へ』で裁判所の仕事をお書きくださったので、今回ぜひ最高裁判所にも来ていただきたいとお願いしたんです。

柚月 貴重な機会をいただきありがとうございます。地方裁判所は見学したことがありますが、今、初めて最高裁判所に足を踏み入れて緊張しております。林判事は、昔から小説がお好きだったのですか。

 ええ。今でも週に1、2度は本屋さんに足を運びます。ただ、この仕事に就いてからは、あえてリーガルものを敬遠していた時期があったんです。

柚月 それは、ご自身のお仕事に近すぎるからですか。それとも、「実際はこんなんじゃない!」と思ってしまうからでしょうか。

 それは……後者ですね(笑)。でも、ある時期からまたリーガルものを読むようになりました。小説に登場する検事や弁護士、それに裁判官も、カッコよすぎたりして現実と違うこともありますが、逆に「こうあってほしいな、こうありたいな」という気持ちで読むようになったんです。そこで出会ったのが柚月さんの『最後の証人』でした。それ以降、柚月さんの作品は常に追いかけています。

柚月 ありがとうございます。昨年でやっとデビュー10年を迎えられました。今は、次の10年、どうやって書き続けようかと考えているところです。

あしたの君へ柚月裕子

定価:本体640円+税発売日:2019年11月07日


 こちらもおすすめ
特集【柚月裕子セレクト】スリルあふれる重厚な人間ドラマを読むなら、この5冊!(2019.11.07)
インタビューほか青年は真実に辿り着けるのか──(2019.11.07)
書評明るい未来の“予感”を味わう小説(2016.11.03)