ニュース

川上弘美の『水声』電子書籍化。『溺レる』など他の作品も順次配信予定

川上弘美の『水声』電子書籍化。『溺レる』など他の作品も順次配信予定

川上弘美氏の『水声』が、5月29日(金)に電子書籍で発売された。
『水声』は2014年に発表された長編小説。「わたし」と弟の陵の姉弟が辿りついた愛のかたちを描き、第66回読売文学賞を受賞した。
今回電子化したのは、2017年の文春文庫版。巻末には江國香織氏の解説も収録している。

これまで文藝春秋で刊行された川上氏の作品では、芥川賞受賞作『蛇を踏む』しか電子化されていなかった。今後も、初期の文学作品『溺レる』『龍宮』『真鶴』や、書評集『大好きな本』を電子書籍化予定。

『水声』あらすじ

1996年、わたしと弟の陵はこの家に二人で戻ってきた。ママが死んだ部屋と、手をふれてはならないと決めて南京錠をかけた部屋のある古い家に。夢に現われたママに、わたしは呼びかける。「ママはどうしてパパと暮らしていたの」――愛と人生の最も謎めいた部分に迫る静謐な長編。読売文学賞受賞作。

『水声』商品ページはこちら

水声川上弘美

発売日:2020年05月29日

蛇を踏む川上弘美

発売日:2003年02月20日

溺レる川上弘美

定価:本体600円+税発売日:2002年09月03日

龍宮川上弘美

定価:本体800円+税発売日:2005年09月02日

真鶴川上弘美

定価:本体620円+税発売日:2009年10月09日

大好きな本川上弘美

定価:本体770円+税発売日:2010年09月03日


 こちらもおすすめ
書評孤独なきょうだいが辿りついた「愛」の形とは(2014.11.28)
書評家族をめぐる不定形の愛についての小説(2014.09.30)
インタビューほか公開対談 北方謙三×川上弘美 作家として書き続けること(2014.07.11)