コラム・エッセイ

突然の「週刊文春」休載宣言から復活! 帰ってきた「言葉尻とらえ隊」第三弾!

能町 みね子

『そのへんをどのように受け止めてらっしゃるか』(能町 みね子)

『そのへんをどのように受け止めてらっしゃるか』(能町 みね子)

 曖昧なタイトルのこちらの本は、週刊文春に毎週連載している「言葉尻とらえ隊」をまとめたものです。なんとこれでシリーズ3冊目になりました。ありがとうございます。書籍化のときにタイトルを毎度まったく変えてしまうので、統一感がありませんね。前々作は連載タイトルどおり『言葉尻とらえ隊』、前作は『文字通り激震が走りました』というタイトルとなっております。ついでにお買い求めいただけたら幸いです。

 さて、前作の最後の項目で、私は週刊誌での休載を宣言しました。いろいろ、ありました。いろいろあった件については前作に書いております。そしてその後無事連載を再開いたしまして、今回の本では再開後からの2018年6月~2020年4月連載分の記事から多少選別して書籍化しております。

 そもそもこの連載は、ちまたに流行る言葉や誰かの発言のちょっと気になった点を取り上げ、言葉尻をいじってネチネチ心理を分析したりたまに褒めたりするものだったのですが、媒体が週刊誌だということもあって自然と時事ネタが多くなり、今の感じに至っております。私がわりとネット界隈の言説を得意とするので、どうしてもツイッター等SNSでの「本人による発言」を取り上げることが多くなっております。

 しかしまあ、気楽に芸能人の発言をいじってみたりしていたつもりだったんですが、どうも時節柄、政治家周りのネタが多くなっております。こんなのは私としては不本意なのです! 私が楽しくコラムを書くためにも、もう少し政治周りがマシになってほしいもんです。

 それから余談ですが、ふりかえってみると思ったより相撲関係の記事が多いですね。大好きな趣味ゆえに取り上げるのはなるべく控えているつもりだったんですが、全然控えてなかったようです。反省です。

 記事は時系列で並んでいますが、目次を見て発言・発言主が気になったところからランダムに読むことを個人的にはオススメしております。ネチネチ拾い上げた約2年分の局所的&国民的流行語、みっちりお楽しみください。

そのへんをどのように受け止めてらっしゃるか能町みね子

定価:本体700円+税発売日:2020年09月02日


 こちらもおすすめ
書評言葉尻をねちっこく掘り下げ続けて早3年 週刊文春の連載が一冊に(2015.01.12)
特集祝・連載再開! 作家・伊集院静の人生相談「悩むが花」から傑作10選一挙紹介――『女と男の品格。』好評発売中(2020.08.06)
書評食パンからダリ、谷崎からとうもろこし 東海林さんの柔らか思考に脱帽!(2020.04.17)
特集「無理難題が多すぎる」この時代に……“毒にも薬にもならない本”が注目されたワケ(2020.05.01)
インタビューほか「女が幸せじゃなきゃ、男も幸せにならないのよ」女優の市原悦子さんが残したや優しいことば (2020.02.12)