書評

食パンからダリ、谷崎からとうもろこし 東海林さんの柔らか思考に脱帽!

文: 荻原 浩 (作家)

『焼き鳥の丸かじり』(東海林 さだお)

『焼き鳥の丸かじり』(東海林 さだお)

 この『焼き鳥の丸かじり』で、東海林さだおさんの「あれも食いたい これも食いたい」丸かじりシリーズは、文庫40巻めだそうだ。

 単行本はすでに42巻まで出ている。そしてもちろん現在も連載は続いている。

 東海林さんは、いったいどれだけの食べ物を丸かじりしてきたのだろう。いままでの巻のタイトルだけを並べても、

 タコ、キャベツ、トンカツ、ワニ、ナマズ、タクアン、鯛ヤキ……。

 和洋中エスニック、魚介、肉、野菜、果物、甘味、すべてが網羅されている。『猫めしの丸かじり』まであるのだ。

 一冊には35~36篇が掲載されている。

 42×36。1512。

 これまでに千五百もの丸かじりをされてきたわけだ。

 しかも、気ままに身辺雑記を書きつらねているわけじゃない。

 テーマはあくまでも「食」限定。

 毎回、きちんと手描き文字のコメントやセリフが入った1コマ漫画3点も添えて。

 それで、1512!

 あの王選手だって868本。

 白鵬だって1147勝。

 金本選手の連続試合フルイニング出場ですら1492で途切れている。

 不滅の大記録だ。

 毎週毎週、なんでこんなことを思いつくのか、アイデアが尽きることはないのか、というこちらの杞憂をよそに、本書も絶好調。

焼き鳥の丸かじり東海林さだお

定価:本体660円+税発売日:2020年04月08日


 こちらもおすすめ
書評ショージ君はガンで入院していても「類いのない人」であった!(2019.11.01)
書評「食べたい」気持が湧いてくる薬の1冊。“焦熱地獄グラタン”に挑戦してみたら…(2019.04.17)
書評丸かじりシリーズのアンコだけ食い、いいのか (2018.01.31)
書評公私混同はヨロシクないが……(2017.08.16)
書評〈丸かじり〉につまった好奇心と深い思考。生き生きとした「日本」が浮かび上がる。(2016.12.23)