本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
第163回芥川賞・直木賞 受賞者のことば 全文掲載

第163回芥川賞・直木賞 受賞者のことば 全文掲載

【芥川賞】高山羽根子/遠野 遥 【直木賞】馳 星周


ジャンル : #小説

遠野遥さん

 非常に歴史のある賞をいただきまして光栄に思います。

 この受賞を機に、また一層頑張って書いていきたいと思います。まだ書きかけなんですけど、3冊目の小説はきっと『破局』より面白くなると思いますので、そちらも読んでもらえたらなと思います。

 今日はどうもありがとうございました。

 

直木賞

馳星周さん (馳さんは北海道・浦河町よりリモートで出席)

どうも、馳星周です。

 まずは、今日は私は北海道の浦河町というところにおりまして、この浦河というのはサラブレッドの生産が一番の産業なんですけれども、万一僕が東京へ行ってウイルスを持って帰ってくるようなことになると、馬という生き物の世話をするシステムに重大な被害を与える可能性があるということで、今回はこういうリモートでの出席ということにさせていただきました。何卒ご理解のほどをお願いいたします。

 受賞の時の記者会見でも言ったんですけれども、賞が欲しくて小説を書いているわけではありません。が、今回はいただいて大変ありがたく思っています。妻と前に話したんですけれども、30代とか40代じゃなく50代の中頃で直木賞というのをいただけたのはよかったねと。若い時にもしいただいていたら、もっと傲慢な人間になっていたかもしれません。

 今、僕は55歳ですけれども、55という年齢で受賞の知らせを聞いた時に、編集者だったり、出版社の営業の方、あるいは読者の方が居て、自分はずっとこの二十数年間小説を書き続けることができたのだと。その結果の直木賞だと思って、大変ありがたいことだなと。

 また、この間発売された『オール讀物』で、選考委員の先生たちの選評だったり、仲間の作家たちのエッセイだったりを読ませてもらって、「ああ、自分はこんなにもみんなに気にかけてもらっているんだ」ということで、本当にありがたいと思いました。

 また、新型コロナ禍の真っ最中であったりだとか、北海道の浦河の片田舎で受賞の知らせを聞くなどなど、俺らしくていいんじゃないかなというふうに思っていたりもします。

 とにかく、今回の受賞はうれしく、ありがたく思っています。ありがとうございました。

 

単行本
少年と犬
馳星周

定価:1,760円(税込)発売日:2020年05月15日

プレゼント
  • 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/7/19~2024/7/26
    賞品 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る