発売情報

オリンピック強行開催で得をしたのは誰だ! 他のメディアでは決して扱えない真実がここに『亡国の東京オリンピック』ほか

「オリンピック強行開催で得をしたのは誰だ! 他のメディアでは決して扱えない真実がここに『亡国の東京オリンピック』ほか」をはてなブックマークに追加

『亡国の東京オリンピック』『ばにらさま』『ひとりじめ』『土になる』『新選組血風録(三)』

発売ラインナップ (2021/9/12~2021/9/18)

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    亡国の東京オリンピック
    著者名
    後藤逸郎
    発売日
    2021/09/13
    作品紹介
    利権の宴が終わった後、国民だけが地獄を見る
    コロナ禍でも強行開催された東京オリンピック。そこまでして得をしたのは誰か。国際的なオリンピック利権をするどく抉る告発の書。
  • タイトル
    ばにらさま
    著者名
    山本文緒
    発売日
    2021/09/13
    作品紹介
    痛くて染みて引きずり込まれる! 待望の傑作短編集
    冴えない会社員の広志にできた彼女は色白でとびきり可愛い“ばにらさま”。日常の向こう側に見える心のあり様を捉えた6篇。
  • タイトル
    ひとりじめ
    著者名
    浅田美代子
    発売日
    2021/09/13
    作品紹介
    希林さんが授けてくれた、人生の宝物。
    姉であり、母であり、親友だった樹木希林さん。ずっと「ひとりじめ」にしてきた希林さんとの思い出と、青春の日々を綴ったエッセイ。
  • タイトル
    土になる
    著者名
    坂口恭平
    発売日
    2021/09/14
    作品紹介
    ヘンリー・ソロー『森の生活』の現代版誕生!
    今、僕は自分自身と完全に一つになったような気がする――。コロナ禍の畑日誌にして、「つくる」を取り戻すための実践的哲学書。
  • タイトル
    新選組血風録(三)
    著者名
    司馬遼太郎 森秀樹
    発売日
    2021/09/15
    作品紹介
    『燃えよ剣』司馬遼太郎×『墨攻』森秀樹!
    ついに最終巻。「誠」の旗印に参集した剣士たちの運命は──。「池田屋異聞」「胡沙笛を吹く武士」「油小路の決闘」を収録。