本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「優子ちゃんは、あたしがお母さんでよかった?」大ベストセラー『そして、バトンは渡された』原作のコミカライズ版が10月19日(火)に発売!

「優子ちゃんは、あたしがお母さんでよかった?」大ベストセラー『そして、バトンは渡された』原作のコミカライズ版が10月19日(火)に発売!

『そして、バトンは渡された』(瀬尾 まいこ 田川 とまた)


ジャンル : #コミック

『そして、バトンは渡された』(瀬尾 まいこ 田川とまた)

マンガ『そして、バトンは渡された』(原作・瀬尾まいこ、漫画・田川とまた)を2021年10月19日(火)に全国書店、主要電子書店で発売いたします。

本作は2019年に本屋大賞を受賞したベストセラー小説『そして、バトンは渡された』のコミカライズ版です。原作にはないオリジナルエピソードも多数収録。小説と併せてお楽しみください。

あらすじ

高校3年生の優子は、幼い頃に母親を亡くしてから様々な親の間を「バトン」のように渡り歩き、今は血の繋がらない父親・森宮さんと2人暮らしをしている。

離れ離れになった実の父親、突然音信不通になった継母の梨花さん、そして常にきれいな距離感を保った森宮さん――。

家族の形を丁寧に描いた感動作。

原作・瀬尾まいこさんのコメント

大好きな登場人物たちが絵になって現れ、日々を創っていく様子にうれしくなりました。

ぜひ読んでください。

漫画・田川とまたさんのコメント

原作を読んだときに「自分の好きな会話劇が描けるな」と第一印象で感じました。原作は瀬尾さんが生み出したキャラクターの生き生きとしたやりとりが魅力です。なのでこの漫画版では、優子ちゃんや森宮さんのキャラクターをお借りして、自分なりの会話劇を表現しました。もう一つの「バトン」の物語として楽しんでもらえたら幸いです。


マンガ『そして、バトンは渡された』の立ち読みはこちら>>

 

特設サイトへ
そして、バトンは渡された
瀬尾まいこ 田川とまた

定価:990円(税込)発売日:2021年10月19日

そして、バトンは渡された
瀬尾まいこ

定価:814円(税込)発売日:2020年09月02日

ページの先頭へ戻る