本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
<12/7発売>浅葉なつ『神と王』登場人物紹介! その1:慈空(じくう)

<12/7発売>浅葉なつ『神と王』登場人物紹介! その1:慈空(じくう)

『神と王 亡国の書』(浅葉 なつ)


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『神様の御用人』の浅葉なつが、『古事記』からインスピレーションを得て生み出した、新作ファンタジー『神と王 亡国の書』から主要人物たちを毎週ご紹介します!

人気イラストレーター岩佐ユウスケさんの美しい絵とともにお楽しみ下さい。


イラスト:岩佐ユウスケ

【慈空(じくう)】

22歳 165センチ

弓可留国の歴史学者。両親はすでに亡く天涯孤独。

手先が器用で、標本作成やスケッチするのが得意。好きなことには寝食を惜しんでのめり込むオタク。

情に厚い律儀者だが、不満をため込んだあげくに爆発するタイプ。

筋肉は必要最小限しかない。腰痛持ちで、たぶんストレートネック。


『神と王』は、大国の王太子や王太女、謎の青年たちが「世界のはじまり」を秘めた二つの宝の争奪戦を繰り広げながら、「神は存在するのか」という根源的な問いに挑む――読む者の胸にたくさんの矢が刺さる異世界ファンタジーです。

 ぜひご期待ください!

文庫版 予約はこちら

電子版 予約はこちら

 

神と王
亡国の書
浅葉なつ

定価:781円(税込)発売日:2021年12月07日

神と王
亡国の書
浅葉なつ

発売日:2021年12月07日

ページの先頭へ戻る