本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
ラブドールと暮らす男が、生身の女性と恋に落ちた。前途で男を待ち受ける危険と陥穽とは――『隠し女小春』ほか

ラブドールと暮らす男が、生身の女性と恋に落ちた。前途で男を待ち受ける危険と陥穽とは――『隠し女小春』ほか

戦慄の長篇サスペンス!

『隠し女小春』(辻原登)

大手出版社で校閲者として働く矢野聡には、秘密があった。横浜・黄金町のギャラリーで出会ったハンガリー製のラブドールを小春と名づけ、一緒に暮らしているのだ。毎晩、ベッドで小春のからだを弄びながら話しかけ、返事を聞き、愛撫されつつ眠りにつく日々。女性バーテンダー・鵜飼千賀子の部屋で快楽に耽るだけでは得られぬ安らぎを、小春はもたらしてくれたのだ。

そんな聡の人生に、1人の良い女が登場する。千賀子の店で出会った映像翻訳者の茜屋恭子は、知的な魅力の持ち主だった。

「これまで会ったことのないタイプだな。時々胸の鼓動が速くなった」と小春に話してしまったことから、聡の周辺でさまざまな事件が起こり始めて――

くわしく見る


発売ラインナップ (2022/5/8~2022/5/14)

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    属国の銃弾
    著者名
    永瀬隼介
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    戦後の闇に消えた“皇居前の狙撃計画”とは――
    占領軍に骨抜きにされた焦土で戦地帰りの男たちが立ち上がる。終戦直後と高度成長期の「2つの東京」を描くエンタテインメント作品。
  • タイトル
    戴天
    著者名
    千葉ともこ
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    天に臆せず胸を張って生きる男たちを描く――清張賞受賞第一作
    唐・玄宗皇帝の時代。絶対的権力者に抗おうとする若者と、人に人らしからぬ生き方を強いる体制を糺そうとする若僧の、心熱き戦い。
  • タイトル
    孤剣の涯て
    著者名
    木下昌輝
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    宮本武蔵が「呪い」の探索に乗り出す
    大御所・徳川家康に「二年後に死ぬ」呪いがかけられた。その呪いを解くには妖刀村正で呪詛者の首を刎ねなければならないが……。
  • タイトル
    隠し女小春
    著者名
    辻原登
    発売日
    2022/05/11
    作品紹介
    戦慄の長篇サスペンス
    「捨てないで、……私を」ラブドールと暮らす男が、生身の女性と恋に落ちた。前途で男を待ち受ける危険と陥穽とは?
  • タイトル
    私のことを憶えていますか 9
    著者名
    東村アキコ
    発売日
    2022/05/11
    作品紹介
    SORAの過激ファンが遥をネットに晒して炎上
    ネット掲示板に遥の写真が次々と貼られ「SORA手つなぎ事件の女」として特定される。遥の身を案じたSORAは、ある行動に出る。
  • タイトル
    スポーツ毒親
    著者名
    島沢優子
    発売日
    2022/05/12
    作品紹介
    子どもは親の虚栄心の道具?
    わが子のスポーツでの活躍に興奮し熱中する親たち。勝つためなら指導者の暴力・パワハラ・セクハラにも目をつぶる、恐るべき実態。
プレゼント
  • 『踏切の幽霊』高野和明・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/11/25~2022/12/02
    賞品 『踏切の幽霊』高野和明・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る