本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【8/18(木)20:00~】「図書館の魔女」シリーズの高田大介さん、フランスからライブ配信決定!

【8/18(木)20:00~】「図書館の魔女」シリーズの高田大介さん、フランスからライブ配信決定!

「別冊文藝春秋」編集部

Zoomでの生配信トーク!


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

「図書館の魔女」シリーズで一大ファンタジーブームを巻き起こした高田大介さん。しかも、フランス在住の言語学の徒と聞けば、お会いしたくなりますよね……! ぜひともその素顔をお見せいただけませんかと無理を承知でお願いをしたところ、「あいにく日本までは行けないけれど、オンラインだったらお話しできますよ!」というお返事。
ついに8/18(木)に実現することになりました。 
読者の方との交流は初めてということで、今回はフランスでの暮らしぶりから、いまご執筆中の小説のこと、そして、あまりにも興味深いフランスの言葉や表現にまつわる発見までたっぷり語っていただければと思っています!

当日はパリから250キロの古都トゥールにあるご自宅から生配信。フランスの夏の空気をまるごとお届けいたします!

◆ご質問にもお答えいただきます!

なんと高田さん、ご質問にも「なんでもお答えしますよ」ということで、
ハッシュタグ「#高田大介ライブトーク」を付け、事前に note や Twitter でご質問やメッセージを投稿していただければ、高田さんと拝見します。
当日はZOOMウェビナーのコメント欄も開放しておりますので、ぜひみなさんと盛り上がれたらうれしいです!

◆当日はこんなお話も!?

みっちりご質問にお答えいただいたあとは、言語学的見地から探るフランス語の魅力についても語っていただく予定です。キーワードは、「フランス語の具体の科学」。フランス語の特徴を探ると、フランス語圏のものの捉え方の特異性が炙り出されるはず――そんなスリリングなお話になりそうです。

◆エッセイとともに…

高田さんのフランスでの暮らしぶりは、昨秋から始めていただいたエッセイ連載「異邦人の虫眼鏡」からもうかがえます。イベントの前後にぜひお楽しみください。

Vol.1「フランスの悪い草」 Vol.2「自炊者の告白」
Vol.3「川縁の風景」 Vol.4「フランスの車窓から」
Vol.5「すべての道に名前がある」

◆開催概要・申し込み

日時 2022年8月18日(木)20:00-21:30(予定)
形式 オンライン(Zoomウェビナーによる配信)
参加方法 noteの定期購読マガジン「WEB別冊文藝春秋」を800円でご購入頂き、ご参加ください。ご購入者様は、8月26日(金)~10月31日(月)の期間中、アーカイブ動画もお楽しみいただけます。

お申し込み・詳 細

お問い合せ先 WEB別冊文藝春秋編集部 betsubun@bunshun.co.jp

◆登壇者プロフィール

高田 大介(たかだ・だいすけ)
1968年、東京都生まれ。 早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。 早稲田大学、東京藝術大学などで講師を務めたのち渡仏。 専門分野は印欧語比較文法・対照言語学。2013年、第45回メフィスト賞受賞作『図書館の魔女』でデビュー。同作から始まる「図書館の魔女」シリーズは和製ファンタジーの傑作として大きな話題となる。他の著書に『まほり』がある。

 

 

ページの先頭へ戻る