本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
在仏15年の作家が見つめる、フランスの効率的な街づくり

在仏15年の作家が見つめる、フランスの効率的な街づくり

WEB別冊文藝春秋

高田大介〈異邦人の虫眼鏡〉 Vol.4「フランスの車窓から」

昼は80km/hで走り抜け、夜は星灯りを頼りに進むーー
在仏15年のファンタジー作家・高田大介さんが、フランスの道路事情を探り、その効率的な街づくりについてお届けします。

徒歩か自転車か自動車か À pied, en vélo ou en voiture

 人の歩行速度はだいたい4㎞/hほどだという。自転車では15~16㎞/hぐらいだそうだ。もちろん自転車に出しうる瞬間速度はもっと速いだろうが、日常生活における移動においてドア・トゥ・ドアで目的地着までの平均時速をとれば15㎞/hというあたりになるほど落ち着くだろう。
 それでは自動車ではドア・トゥ・ドアでの平均時速はどれくらいになるだろうか。もちろん条件によって異なるだろうが、通勤・通学といった用途で考えてみると、せいぜい25㎞/h、首都圏や京阪神の市街地で考えると自転車ととんとんといったところではないか。
 具体的に私が千葉県千葉市の実家から16㎞ほど離れた市川市の高校へ行くとする。40年前の中高あわせ2000人の男子がひしめいた、むさ苦しさのつぼのような学園を考えよう。当時はひがしすがというところに校舎があった。
 私は自転車で最寄り駅まで15分、私鉄で40分、けいせいわた駅から15分と、通学に一時間前後を想定していた。その上で「車で行ってもそう時間は変わらない」という認識があったし、自転車で行程を踏破しても時間はそれほどは変わらないとも知っていた。一度やってみたのだ。確か一時間半ぐらいで済んだはずだ。ただし汗だくのよろよろになってしまい、ワイシャツのカラーで首が擦り切れ、尻が二つに割れてしまって椅子に座ることがもう出来なかった。以来、尻はずっと割れたままだ。
 現況の所要時間をナヴィゲーションソフトに聞いてみると、一般道縛りを課せば、車で1時間12分(経路17.8㎞)、自転車で1時間14分(経路18.5㎞)かかるとのことで、自動車の平均時速が14.8㎞/h、自転車のそれが15㎞/hと出た。経験者の体感としては「自転車の人頑張り過ぎじゃない? お尻ほんとに大丈夫?」という感じだが、都市圏生活者の実感として「車は自転車を振り切れない」という経験則もまた周知されたものだろう。

郊外の道路網 réseau routier suburbain

 ことほど左様に、都市生活者には自動車は無用の長物、少なくとも時間の節約にはつながらぬものという予断がある。フランスに来てからもっぱら中心街に住まっていた私も御多分に漏れなかったが、このほど田舎に引っ越すにあたり流石さすがに免許をとって15年落ちの中古車を買った。
 そして驚いたのがフランス中西部の自動車事情である。郊外では自動車なしには話が進まないのは織り込み済みだったが、なにしろこの辺りでは「車は早い」のだ。例えば20㎞ほど離れたトゥールの大学まで出るのに所要時間が一般道で25分ほど、平均時速が50㎞/hに及ぶ。初心者マークの法定速度遵守の走りでこの速さである。
 桁違いの都市圏人口一千万(パリ市だけで二百万)をようするパリ圏を例外として、フランスの地方都市はそれほどの人口密集を見ない。五十万都市に名乗りを挙げるのはリヨン(都市圏169万、うちリヨン市52万)とマルセイユ(都市圏161万、うちマルセイユ市87万)など、あと百万都市圏が六、七を数えるぐらいで、せいぜい人口数十万人規模の都市圏が全土に散在している。そしてそれぞれの都市地域圏の住人が中央市とは別に、さらに郊外に散居している。
 いきおい道路網が効率的になるし、生活設計そのものが車ベースになるわけだ。トゥール周辺はフランス18番目の都市圏人口(36万、うちトゥール市14万)を抱える、いわば普通の地方都市である。ここをモデルケースにフランスの道路網インフラと日本のそれの大きな違いを瞥見してみよう。

 

この続きは「WEB別冊文藝春秋」でどうぞ

     
ページの先頭へ戻る