本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
EXILE 橘ケンチの青春の記憶が紡がせた、狂おしいほど熱い日々の物語――『パーマネント・ブルー』(橘ケンチ)

EXILE 橘ケンチの青春の記憶が紡がせた、狂おしいほど熱い日々の物語――『パーマネント・ブルー』(橘ケンチ)

「オール讀物」編集部

Book Talk/最新作を語る

出典 : #オール讀物
ジャンル : #小説 ,#エンタメ・ミステリ

『パーマネント・ブルー』(橘 ケンチ)

いまなお身体に籠る「青春」の熱

 秘かに書き続けてきた小説が、このたび本になった。大学生の相馬賢太らを主人公とする、ダンサー達の物語だ。

「僕自身が十代でダンスに出逢い、すっかり嵌ってしまって。その日から今まで身体に貯め込んできたものを一気に放出して生まれたのがこの小説です。踊りながら感じていたことを一つ一つ言葉にしていくように紡いだので、小説の書き方としてはちょっと特殊だったのかもしれませんが」

 それが功を奏したのだろう、全編、圧倒的な臨場感に満ちている。クラブやステージで踊り狂う賢太達の汗を肌で感じ、気づいたときには熱狂の渦に巻き込まれているのだ。

「ダンスというものの特長でもあるんでしょうね。ダンサーはいつだって、会場を埋め尽くすお客さんとの一体感を求めてやみません。ライバルに競り勝ち、自分こそが一番にゴールするんだと駆け抜ける競技系スポーツとはそこが違うのかなと思います」

 白眉は主人公・賢太と、チームメイトの鉄平、二人が館山で経験する奇跡のような一夜だ。前夜、クラブでのショウタイムに失敗し、収まらない気持ちのまま海に向かった二人は、半ば自棄になって、ヒッチハイクを試みる。やがて辿り着いた山の麓で二人が出逢ったのは、白髪をきれいに結い上げた女性と、古びた家屋「風の家」だった。

「実際、あれは何だったんだろう? といまだに思う一日があって。本当は、小説の出発点もその記憶だったんです。その日のことが書きたくて、キーボードを叩き始めた。そしたらもう、出てくる出てくる、身体に染み込んでいた記憶の洪水が止まらなくなって」

 それでも迷いはあった。本を愛するがゆえに、自分が小説を書くということに対する畏れが拭えなかった。

「書きたいという欲求と、尻込みする気持ちの間で悶々としていました。そんな時に、仕事でお目にかかった北方謙三さんがおっしゃったんです。『迷うことなんてない、あなたの人生を書けばいいじゃない』って。それを聞いて、何かっこつけようとしていたんだろう、飾らず書けばいいだけだって、やっと決断できました」

 それから三年。深夜に一人黙々と書き続ける日々の中で、自分と“出会い直す”ような経験を何度もしたという。

「ああそうだったのかといまさら当時の心境を理解したり、逆に、あの時抱えていた熱さはちっとも冷めていないと感じたり。いまも確かに、自分の中に“青くささ”があるんです。それがなんだか愛おしくて、書き終えた最後、この物語に『パーマネント・ブルー』という名前をつけました」


たちばなけんち 1979年神奈川県生まれ。EXILE及びEXILE THE SECONDのパフォーマー。舞台『魍魎の匣』や『チェーザレ 破壊の創造者』にも出演、役者としても活躍中。


(「オール讀物」3・4月号より)


◆橘ケンチさんご本人による朗読が「本の話」ポッドキャストでお聴きいただけます。

単行本
パーマネント・ブルー
橘ケンチ

定価:1,870円(税込)発売日:2023年02月08日

電子書籍
パーマネント・ブルー
橘ケンチ

発売日:2023年02月08日

提携メディア

ページの先頭へ戻る