本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
国内1億部突破の東野圭吾さんを支える先輩作家の言葉。そして福山雅治さんが考える、東野作品が「読者に愛される」理由とは?

国内1億部突破の東野圭吾さんを支える先輩作家の言葉。そして福山雅治さんが考える、東野作品が「読者に愛される」理由とは?

「本の話」編集部

紫綬褒章、菊池寛賞、2023年は特別な1年に

出典 : #文春オンライン
ジャンル : #小説 ,#エンタメ・ミステリ

 12月1日、第71回菊池寛賞の授賞式が都内のホテルにて行われた。

「文学、演劇、映画、新聞、放送、雑誌・出版、及び広く文化活動一般の分野において、その年度に最も清新かつ創造的な業績をあげた人、或いは団体」を対象とした賞で、今年の受賞者は歌舞伎役者の片岡仁左衛門さん、声優の野沢雅子さん、南海トラフ地震の発生確率水増し報道をスクープした東京新聞社会部の小澤慧一記者、侍ジャパンの栗山英樹前監督、そして作家の東野圭吾さんの5名だった(選考顧問は阿川佐和子さん、池上彰さん、保阪正康さん、養老孟司さんの4名)。

紫綬褒章、菊池寛賞、そして国内1億部突破

 なかでも東野さんは、2023年4月に国内での作品総発行部数が1億部を突破、秋には紫綬褒章も受章、今回の菊池寛賞受賞と合わせて、2023年は特別な1年となった。

 菊池寛賞の選考顧問の1人である阿川佐和子さんは、授賞式でユーモアを交えつつ、東野さんの功績をこう称えた。

©文藝春秋

「東野さんは、1985年に『放課後』(講談社文庫)で江戸川乱歩賞を受賞されてデビューしてから38年間、『秘密』『容疑者Xの献身』(ともに文春文庫)『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(角川文庫)『祈りの幕が下りる時』(講談社文庫)、まだまだたくさんありますが、ミステリーを中心とした素晴らしい優れた、そしてものすごく多くの読者を獲得した作品を次々にお書きになっておられます。何よりも驚いたのは、国内累計1億部を突破されたということ。1億部って、何?(笑) 100万部突破すれば万々歳の世界で、その何十倍なんだろう......もうよくわからない数字です」

 この1億、というのは電子書籍のダウンロード数を含んでいない。1億部を突破した時点の作品数「100」で割ると、1冊平均で100万部が売れているという計算になる。驚異的な数字といえるだろう(最新刊『あなたが誰かを殺した』を入れると現在は101冊)。

中韓で圧倒的人気。米TIME誌のオールタイム・ミステリーにも選出

 阿川さんの言葉は、こう続く。

「しかも、日本国内だけでなく、海外での売れ行きも尋常でないことになっていて、アジアのみならずヨーロッパでも翻訳され、その数が優に7000万部に届く、というのです。選考委員の1人である池上彰さんも『韓国の書店に行ったら、ベストセラーの棚に東野さんの作品が並んでいた』とおっしゃっていました。私もふくめ、選考委員からは驚愕と憧憬と嫉妬の声が上がり(笑)、満場一致での受賞となりました」

『容疑者Xの献身』のハングル版と英語版

 阿川さんの指摘の通り、海外での東野人気は年々広がりを見せていて、現在では世界37の国と地域で出版中。特に東アジア地域での人気は圧倒的だ。

 たとえば、池上さんの目撃談もあった韓国。2009年から19年の10年間で、韓国の出版市場の20~25%を占める教保文庫での小説作品販売数を集計したところ、韓国の人気作家や村上春樹さん(2位)を抑えて東野さんが1位となった。

 また、中国では『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が1000万部を突破し、同作は中国語版映画も大ヒットしたりと、その人気はもはや不動。欧米圏でも、日本人で初めて米国エドガー賞、英国ダガー賞の両賞にノミネートされた作家として評価は年々高まっている。今年は創刊100年を迎えたアメリカのタイム誌が「THE 100 BEST MYSTERY AND THRILLER BOOKS OF ALL TIME」を発表し、1800年代以降、世界中で出版されたミステリーやスリラー作品の中からオールタイムベスト100を選定したが、その100冊の中にも『容疑者Xの献身』が堂々と選出されているのだ。

北方謙三さん「石ころでも、磨けば光るんじゃないか」

 さて、授賞式。東野さんは、受賞の言葉をこう切り出した。

「何を話そうかと思ったんですが、たいしたことは話せないので、2人の先輩作家の言葉について、お話をします。

 1人目は、北方謙三さんです。1997年に日本推理作家協会50周年を記念して文士劇というものを行ったんですが、そのときの理事長が北方さんで、北方さんは、TVのインタビューでこんなことを話していました。

『自分のことを、若い時はダイヤモンドの原石だと思っていた。

 いつかは光り輝くダイヤになるんだ、とばかり思っていた。

 ところがいつまで経ってもそうならない。

 やがて、気がついた。自分がただの石ころだ、ってことに。

 がっかりした。でも、思い直した。

 石ころでも、磨けば光るんじゃないか、と。

 そうやって磨き続けて、今があります』 

 その言葉を聞いて、非常に感激しました。とてもいい話です。

 思いついたのが自分でないのが、悔しいです」

 

伊集院静さん「あんたと選考会をやるのは楽しかったんだ」

 会場が笑いに包まれる。

「でも、その言葉を糧に、それから少し頑張って、翌々年、推理作家協会賞をいただきました。

 北方さんにはこの場を借りてお礼を言いたいと思います。ありがとうございました。

 そしてもうお1人は、この間お亡くなりになられた、伊集院静さんです。

 一緒に直木賞の選考委員をやらせていただいたんですが、私が選考委員を退任することになって、最後の選考会のあと、受賞者を祝うお店で飲んでいたら、他の店で飲んでいた伊集院さんがやってこられたんです。なぜかサンダル履きでした。

『受賞者を祝いに来たんじゃないんだよ、あんたに話があってきたんだ。あんたと選考会をやるのは楽しかったんだ。だってあんたさ、話してるうちに意見変えるもんな』」

 再び、笑い。

「『だから、話し甲斐があるんだよ。他の連中はさ、(候補作の評価について)◯(マル)ったら◯のままだろ? ✕(バツ)ったら✕のままだろ? でもあんたさあ、◯が急に✕になったり、✕が◯になったりするからな。それがいいんだ』

 伊集院さんは、そうおっしゃってくださった。大変嬉しかったです。

 なぜなら、そんなふうにコロコロ意見を変えるのが、私の得意技だからです。

 さきほど小泉元総理の話がありました(注・阿川さんが受賞者の一人小澤氏について話す中で、首相在任中は原発推進派だった小泉さんが退任後反対派に転じた話に触れた)。日本には政治家を筆頭に、一旦言い出したら意見を変えちゃいけない、考えを変えるのは恥だ、という雰囲気があると思います。

 でも、そんなことはないです。原発を勉強して危ないなと思ったら、賛成から反対に転じて、おおいにけっこうじゃないですか。

 ここにいるみなさんも、意見を変えたら恥だとか、一旦ああ言っちゃったからな、もうひっこみつかないな、なんて思っていませんか? 

 そんなことはないんです。いくらでも意見は変えていいんです。全然構わないですよ。

 そうしないと、話し合いって進まないじゃないですか? 

 明日から、もう今夜から、他の人の意見を聞いて『昨日と言ってることがぜんぜん違うじゃないか』となっても、いいじゃないですか? 

 人間は、変化したほうがドラマチックです。 

 そうやって肩の力を抜いて、どんどん変化して生きていきましょう」

 人間は、変化したほうがドラマチックーー。

 変化を恐れず、少し前の自分にこだわらず、常に新しい自分を楽しむ。そういう気持ちで日々の執筆と向き合っているからこそ、東野圭吾という作家はこれほど長く、新鮮な作品を書き続けているのかもしれない。伊集院さんへの哀悼の思いのこもった、力強いメッセージだった。

福山雅治さんが披露した、赤い腕時計の話

 一方で、菊池寛賞授賞式の小冊子には、東野さんの受賞を喜ぶ、ある著名人からのメッセージが掲載されていた。『ガリレオ』シリーズのドラマで主人公・湯川学を演じているシンガーソングライター・俳優の福山雅治さんだ。「たくさんある東野先生の好きなところからひとつ」として、『ガリレオ』の映像化記念に作った、ベルトも文字盤も赤色の腕時計の話を披露している。東野さんは、福山さんと会う時には必ず、その時計を付けてくる、というのだが......。

菊池寛賞小冊子と、福山さんのメッセージ

〈ある時、腕時計を付けてこなかった日があった。「いよいよ替えたのかな」と思っていたら、「修理に出している」と。15年もの間に何度もベルトを替え、修理に出して、ずっと着用していらっしゃる。さりげなく長く愛している。先生の作品には、そういう人が数多く出てくる。ひそやかに、自身の大切なものをずっと守り続けている人が。つまり、先生ご自身のお人柄が作品の根幹に流れているように感じます。愛ゆえの正しさと間違い。強さと弱さ、喜びと苦しみ。だからこそ読者に愛されるのでは〉

 変わることを恐れない、前に一歩踏み出す勇気だけでなく、大切なものを変わらずにずっと守り続けることの尊さもまた、東野作品の根底に流れているのではないか、と福山さんは指摘する。

「オール讀物」2023年12月号

 さて、『ガリレオ』といえば、単行本10作で2300万部を超える大人気シリーズだが、いまもシリーズは継続中。小説誌『オール讀物』2023年12月号には『ガリレオ』シリーズの書き下ろし最新短編「重命(かさな)る」が掲載されている。隅田川で発見された水死体をめぐって、湯川博士の推理が冴えわたる快作だ。最新作を読むもよし、これまでの名作を読むもよし、この「東野イヤー」ともいえる2023年の年末年始は、日本が世界に誇るベストセラー作家の作品に触れてみてはいかがだろうか。

 昨日とは違う自分に、出会えるかもしれない。

 あるいは自分の中にある、ずっと守りたい、大切な思いに、改めて気づけるかもしれない。


文藝春秋ガリレオシリーズ特設サイト

雑誌・ムック・臨時増刊
オール讀物2023年12月号
オール讀物編集部

定価:1,100円(税込)発売日:2023年11月22日

文春文庫
容疑者Xの献身
東野圭吾

定価:803円(税込)発売日:2008年08月05日

電子書籍
容疑者Xの献身
東野圭吾

発売日:2020年04月24日

こちらもおすすめ
プレゼント
  • 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/7/19~2024/7/26
    賞品 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

提携メディア

ページの先頭へ戻る