本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
第3回「本屋が選ぶ大人の恋愛小説大賞」受賞作決定のお知らせ

第3回「本屋が選ぶ大人の恋愛小説大賞」受賞作決定のお知らせ

文:「オール讀物」編集部


ジャンル : #小説 ,#エンタメ・ミステリ

第3回「本屋が選ぶ大人の恋愛小説大賞」選考会は、令和5年11月29日、文藝春秋本館にて行われ、下記の通りに決定致しましたので、ご報告させていただきます。

田中兆子『今日の花を摘む』(双葉社)

著者プロフィール

田中兆子(たなか・ちょうこ)
1964年富山県生まれ。2011年、短篇「べしみ」で第10回「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞する。14年、同作を含む連作短編集『甘いお菓子は食べません』でデビュー。19年『徴産制』で第18回Sense of Gender賞大賞を受賞。その他の著書に、『劇団42歳♂』『私のことならほっといて』『あとを継ぐひと』がある。


本賞は、大人がじっくり読める質の高い恋愛小説を発掘し、読者の皆様にひろく届けることを目的として創設されました。令和4年10月1日から令和5年9月30日に刊行された単行本の中から、瀧井朝世、吉田大助、吉田伸子の3氏の推薦をもとに候補作5作を決定しました。

本年度の選考委員は、加藤ルカさん(有隣堂書店)、川俣めぐみさん(紀伊國屋書店横浜店)、高頭佐和子さん(丸善丸の内本店)、花田菜々子さん(蟹ブックス)、山本亮さん(大盛堂書店)の5氏が務めました。

選考の詳細は、「オール讀物」2024年2月号(2024年1月22日発売)に掲載されます。


第3回「本屋が選ぶ大人の恋愛小説大賞」候補作

『楊花の歌』(集英社)青波杏
光のとこにいてね』(文藝春秋)一穂ミチ
『最愛の』(集英社)上田岳弘
愛されてんだと自覚しな』(文藝春秋)河野裕
『今日の花を摘む』(双葉社)田中兆子

オール讀物編集長・石井一成より

新型コロナ禍が一段落した2023年。インバウンドの回復とともに、書店の店頭にも人出が戻りつつあるようです。では恋愛はどうか? 人々の恋愛のかたちには何か変化が起きているのでしょうか。恋愛の“いま”を描く候補作を前に、今回とくに“大人の恋愛”とは何かをめぐって熱い議論が繰り広げられました。田中兆子さんの受賞作を、ぜひお読みいただけたらと思います。

単行本
光のとこにいてね
一穂ミチ

定価:1,980円(税込)発売日:2022年11月07日

電子書籍
光のとこにいてね
一穂ミチ

発売日:2022年11月07日

単行本
愛されてんだと自覚しな
河野裕

定価:1,870円(税込)発売日:2023年05月25日

電子書籍
愛されてんだと自覚しな
河野裕

発売日:2023年05月25日

プレゼント
  • 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/6/20~2024/6/27
    賞品 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る