本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
みうらじゅんが考察する、ビデオ戦争でベータがVHSに負けた理由。VHSだけに付いてきたあるビデオとは……?

みうらじゅんが考察する、ビデオ戦争でベータがVHSに負けた理由。VHSだけに付いてきたあるビデオとは……?

みうら じゅん

『通常は死ぬ前に処分したいと思うであろう100のモノ』より #3

出典 : #文春オンライン
ジャンル : #随筆・エッセイ

街中に公衆電話があった時代、ノベルティとして人気があった!? みうらじゅんが3枚集めた「馬の交尾テレカ」〉から続く

 ご時世的には「不適切」だけど思わず笑ってしまうエッチ系コレクションや、若い頃お世話になった写真集やビデオなど、生前整理の際に一般的には真っ先に捨てられてしまいそうなモノたちを、還暦を過ぎた今も「僕は捨てないもんね!」と持ち続けているみうらじゅんさん。そんなみうらさんが、自身の「いやら収集品」から厳選した100点について書いた『通常は死ぬ前に処分したいと思うであろう100のモノ』(文藝春秋)より一部抜粋して紹介します(全3回の3回目/最初から読む

◆ ◆ ◆

 美大時代、メジャー漫画誌に持ち込んだ作品が入選。その賞金でビデオデッキを買ったのだが、まだ出始めの頃で、30万円近くしてた。電気屋のオヤジはその時、「ベータにしますか? それともVHSですか?」と聞いてきたもんだ。

 僕はどちらでもいいと思っていたので、デザインがカッコイイほうのベータを指差したら「お客さん、ちょっと待ってくださいよ」と、オヤジは店の奥に行って一本のビデオソフトを持ってきた。

「VHSを買われた方にはコレが付くんですがね」

 そう言ってニヤニヤしてた。ソフトだってべらぼうに高い時代。手渡されたパッケージをシゲシゲ見ると『白日夢 愛染恭子の本番生撮り〈淫欲のうずき〉』と書かれてあって、悶絶の表情をした写真が載っていた。僕は「ほーう」とか言いながらパッケージを裏返すと、そこにはトップレスの愛染さんの写真。“ねぇ、VHSにしなさいよォ~♥”と、囁いてきた(気がした)。

 

「コレ、ベータには?」

「付きませんねぇ」

「VHSにするとー」

「付いてきますよ」

 その瞬間、僕の目的はコレを見たさにビデオデッキを買うこととなった。

「配送もできますけど」と、オヤジは言ったが、早くコレを見たいがために重い機械をアパートに持ち帰った。何せソフトはそれしか持ってないもので、そればっかり見てた。いつしか「あいつの部屋はエロビデオ・ルーム」なんて噂が学内まで広まり、友達ならまだしも全く知らない奴からも「今度、見に行っていいか?」などと声を掛けられることに……。

 週末にはアパートの床が抜けるくらい人が集まり上映会。当然、テープの摩耗から画像がひどく荒れた。翌年、とうとうデッキのほうも壊れ、再生することもできなくなった。あの頃、ベータがVHSに負けた大きな理由のひとつは「付きませんねぇ」だったのだ。

単行本
通常は死ぬ前に処分したいと思うであろう100のモノ
みうらじゅん

定価:1,320円(税込)発売日:2024年06月21日

電子書籍
通常は死ぬ前に処分したいと思うであろう100のモノ
みうらじゅん

発売日:2024年06月21日

プレゼント
  • 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/7/19~2024/7/26
    賞品 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

提携メディア

ページの先頭へ戻る