文庫

ピックアップ

  • 「機略と手際」、これが紳士に仕える私のモットーです

    20世紀初頭のロンドンに、とんでもなく有能な黒髪の執事がいた。どんな難事もたちまち解決。世界中で愛されるジーヴズの傑作選!

    ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻

    2011年05月10日発売590円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • ジーヴズ、おまえの知恵を貸してくれ

    牧師の説教は誰がいちばん長いのか? 村の賭事から実らぬ恋の相談まで、執事ジーヴズの脳細胞が優雅に解決。ユーモア小説の傑作

    ジーヴズの事件簿 大胆不敵の巻

    2011年06月10日発売570円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 映画化決定! 本屋大賞ノミネート作品、ついに文庫化

    宝くじが当選し、突如大金を手にした一男だが、三億円と共に親友が失踪。「お金と幸せの答え」を求めて、一男の旅がはじまる!

    億男

    2018年03月09日発売680円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 十二人の巨匠に学ぶ、仕事で人生を面白くする力!

    山田洋次、沢木耕太郎、杉本博司、倉本聰、秋元康、宮崎駿、糸井重里、篠山紀信、谷川俊太郎、鈴木敏夫、横尾忠則、坂本龍一に学ぶ。

    仕事。

    2018年09月04日発売690円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • ボランティアの現場、そこは「戦場」だった――

    自分のことを自分でできない生き方には、尊厳がないのだろうか? 介護・福祉の現場で読み継がれる傑作ノンフィクション!

    こんな夜更けにバナナかよ

    2013年07月10日発売880円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 子どもたちが選ぶのは死か、それとも

    安楽死をするために集まった十二人の少年少女。そこには謎の十三人目の死体があった――。彼らは、このまま安楽死を実行できるのか。

    十二人の死にたい子どもたち

    2018年10月06日発売780円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 女優の杏さんがこよなく愛した時代小説、最後の作品

    北町奉行所同心の小者を務める髪結い職人の伊三次を主人公に、オール讀物新人賞受賞以来、二十年近く著者が書き続けた人気作最終話。

    竈河岸

    2018年10月06日発売790円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 「佐々メモ」による政治家閻魔帳

    吉田茂、岸信介、田中角栄、小泉純一郎、そして安倍晋三。人生の途上で出会った政治家たちを一刀両断、彼らの素顔を明らかにする。

    私を通りすぎた政治家たち

    2017年03月10日発売660円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
今週のプレゼント

文藝春秋BOOKS をフォロー