文庫

ピックアップ

  • 〝居眠り磐音〟が帰ってきた――三年ぶりの書き下ろし新作!

    全五十一巻で完結した平成最大の人気シリーズが復活! 夫婦約束したふたりの幼き日々から悲劇の直前までを描き、万感胸に迫る一冊。

    奈緒と磐音

    2019年01月04日発売730円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 子どもたちが選ぶのは死か、それとも

    安楽死をするために集まった十二人の少年少女。そこには謎の十三人目の死体があった――。彼らは、このまま安楽死を実行できるのか。

    十二人の死にたい子どもたち

    2018年10月06日発売780円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 映画化決定! 中央公論文芸賞、日本医療小説大賞のW受賞作

    認知症を患う東昇平。遊園地で迷子になり、入れ歯は次々消える。ときにユーモラスな事態を起こしながら、病気は少しずつ進んでいく。

    長いお別れ

    2018年03月09日発売660円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • ボランティアの現場、そこは「戦場」だった――

    自分のことを自分でできない生き方には、尊厳がないのだろうか? 介護・福祉の現場で読み継がれる傑作ノンフィクション!

    こんな夜更けにバナナかよ

    2013年07月10日発売880円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 『誰か』『名もなき毒』『ペテロの葬列』に続く大人気シリーズ第四弾

    離婚した杉村三郎は私立探偵事務所を設立。ある日、亡き父が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽についての調査依頼が。

    希望荘

    2018年11月09日発売900円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
今週のプレゼント

文藝春秋BOOKS をフォロー