作品紹介

第100回オール讀物新人賞を満場一致で受賞した著者が、満を持して送り出す初の作品集。
選考委員の村山由佳氏が”読み終えるなり「参りました」と呟いていた”と選評に記した受賞作「をりをり よみ耽り」の世界を5篇の連作で展開する。
物語の舞台は、文化年間の江戸浅草。女手ひとつで貸本屋を営む〈おせん〉の奮闘を描く。盛りに向かう読本文化の豊饒さは本好きなら時代を超えて魅了されることでしょうし、読本をめぐって身にふりかかる事件の数々に立ち向かう〈おせん〉の捕物帖もスリルに富んでいます。

第99回オール読物新人賞受賞作、由原かのん『首ざむらい 世にも怪奇な江戸物語』も同時発売。


本の話ポッドキャスト【単行本デビューへの道】高瀬乃一『貸本屋おせん』は新人賞受賞即シリーズ化の傑作!

2020年に中編「をりをり よみ耽り」でオール讀物新人賞を受賞した高瀬乃一さん。2年かけてコツコツ作品を書き続け、ついに『貸本屋おせん』で単行本デビューすることになりました!(11月25日発売)

舞台は文化年間の江戸浅草。幼くして天涯孤独の身の上になり、本が好きでたまらず、女手ひとつで貸本屋を営んでいる〈おせん〉の奮闘を描きます。彼女が本にまつわる事件を次々に解決していく本書は、まさに〝江戸ビブリオ捕物帖〟。新たな才能をぜひチェックしてみてください!(聞き手:オール讀物編集部)

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
高瀬乃一さんは、3度目の「オール讀物新人賞」最終候補選出で、念願の小説家デビューを果たされました。そこから2年、受賞作「をりをり よみ耽り」に連なる4話をコツコツと書き溜め、このたびようやく一冊にまとまりました。
幼くして天涯孤独の身になるも、本への捨てきれぬ情熱を頼みに貸本屋として独り立ちする、ヒロインの〈おせん〉。1話目では、貸本屋として女手一つで生きていく覚悟が揺らぐ瞬間も見られますが、話を追うごとに、強く成長していく彼女の姿に心打たれます。
単行本に収録するにあたっては、雑誌に発表済みの作品についても著者に校正を入れていただくのが常ですが、1話目のゲラ(「いま読み返すと、こんなに下手だったなんて!」と高瀬さん)は大量の修正の書き込みで、それはもう真っ赤。〈おせん〉のみならず、著者も猛スピードでその魅力を磨かれてきたことの、紛れもない証左でしょう。
商品情報
書名(カナ) カシホンヤオセン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2022年11月30日
ISBN 978-4-16-391627-9
Cコード 0093

著者

高瀬 乃一

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る