作品紹介

仕事はできるが不運すぎる女探偵・葉村晶シリーズ最新長編!

尾行中の老女梅子が怪我をさせたミツエの持ち家のアパートに住むことになった晶。ミツエの孫ヒロトは交通事故で記憶を一部失って…。

担当編集者より
仕事はできるが不運すぎる女探偵・葉村晶シリーズ、待望の長編です。前作「静かな炎天」はこのミス2位、「読書芸人」のカズレーザーやのんも絶賛で話題になりました。ベタベタした関係が苦手でクールな葉村ですが、実は人情にアツく、途方にくれている人たちにはつい手を貸してしまうんですね。そんな葉村の魅力がたっぷりつまった1冊です!
商品情報
書名(カナ) サビタカッシャ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年08月10日
ISBN 978-4-16-791120-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る