書評

日本国憲法誕生まで、政府とGHQとの言葉を巡る、息詰まる攻防の物語。

文: 大矢 博子 (書評家)

『ゴー・ホーム・クイックリー』(中路 啓太)

『ゴー・ホーム・クイックリー』(中路 啓太)

 二〇一八年に本書の単行本が刊行されたとき、日本国憲法制定の現場を描いた物語だと聞いて、政治色の強いアジテーションのような小説だったら嫌だなと思いながらページをめくったのを覚えている。改憲・護憲のいずれかに誘導するような話を中路啓太は書くまいという信頼こそあったが、議論そのものにややうんざりしていたというのが正直なところだったのだ。

 ところが、読み出してまもなく、そんな心配は雲散霧消してしまった。本来、こういう言葉は解説の締めに使うものだが、同じような不安を持っている読者のために敢えて先に書いておく。あなたが改憲派か護憲派かには関係なく、あるいはそういったことにさほど興味がなかろうとも、ぜひ本書をお読みいただきたい。政治・歴史好きな人は言うに及ばず、ミステリやサスペンス、ひいては〈小説〉そのものが好きな人にも、本書は驚きと興奮を持って迎えられることと思う。

 なぜか。

 もちろん、テーマがテーマだけに政治の話であるのは当然だ。歴史小説であることも間違いない。だが本書はそれ以上に「言葉を巡る攻防の物語」だからである。

 

 日本国憲法は昭和二十一年十一月三日に公布、翌年五月三日に施行された。

 草案を作ったのはGHQだよね、だから「押し付けられた憲法」って言われるんだよね、というところまではなんとなく知っていても、その過程にどんな作業や駆け引きがあったのか、あまり具体的には知られていないのが実情ではないだろうか。

 本書『ゴー・ホーム・クイックリー』は、日本国憲法ができるまでの〈現場の様子〉を、内閣法制局員の佐藤達夫を主人公にして描いたノンフィクション・ノベルである。

 昭和二十一年。敗戦後の日本は民主国家として再スタートするため、憲法改正試案を連合国軍総司令部(GHQ)に提出した。しかしGHQはこれを却下。GHQ側が用意した草案をもとに新憲法案を作成するよう通達した。

 渡された英語の原文と外務省の仮訳を「日本の法律らしい文章に」訳し直すことを命じられたのが佐藤達夫だ。期限はわずか二週間足らず。

 本書の読みどころはまず、〈翻訳〉と〈駆け引き〉である。

 GHQの英語の原文を、ありていに言えば、さも日本人が自分で作ったかのように訳さなければならない。なのにそこには、日本語の概念にない言葉、日本語にはない構文、そして日本人として受け入れがたい項目が山積みなのである。

 ひとつ例を出そう。草案にあった前文は、日本国民が決意表明する形の文章になっている。だがそれまでの大日本帝国憲法は天皇自らが起草・制定したという体裁の〈欽定憲法〉であり、憲法改正は〈勅命ヲ以テ〉為されることが定められている。この矛盾をどう両立しろというのか。佐藤の上司である松本烝治大臣は前文を「削除してしまえばよい」とあっさり言うが、後に現場でGHQと交渉する羽目になる佐藤にとってはそんな簡単な問題ではないわけで、宮仕えの苦労、察するにあまりある。

ゴー・ホーム・クイックリー中路啓太

定価:本体880円+税発売日:2020年09月02日


 こちらもおすすめ
インタビューほか令和時代だからこそ書けた「昭和史小説」 昭和天皇の苦悩は日本の苦悩である(2019.12.26)
コラム・エッセイ悠久と呼ぶべき伝統を誇る天皇や皇室について(2019.10.21)
書評令和初となる「終戦の日」に、小説『昭和天皇の声』を通じて歴史を振り返る。(2019.08.13)
インタビューほか<中路啓太インタビュー> 憲法制定の現場を冷静な筆致で描く『ゴー・ホーム・クイックリー』(2019.01.28)
インタビューほか中路啓太インタビュー「日本国憲法の成立に関わった人々の葛藤を描く」(2018.12.18)