インタビューほか

何が起こってもおかしくない世界

澤島 優子

『コズミック・ゼロ』 (清涼院流水 著)

清涼院流水
一九七四年兵庫県生まれ。京都大学在学中の一九九六年に『コズミック 世紀末探偵神話』で第二回メフィスト賞を受賞しデビュー。発表当初から型破りな設定やストーリーが話題を呼び、読者のみならずミステリー作家の間でも賛否両論が飛び交った。その後も旺盛な執筆活動を続け、十三年間に六〇冊を越す著作がある。
水野俊哉
一九七三年東京都生まれ。大学卒業後、金融機関に就職。退職後、インターネット通販関連の会社を起業するも失敗、三億円の負債を抱える。その後は経営コンサルタントとして多くのベンチャー企業の経営にかかわりながら、世界中の成功本やビジネス書を読破し、さまざまな成功法則を研究する。二〇〇八年、初の著書『成功本50冊「勝ち抜け」案内』がベストセラーとなる。現在、「水野流水」名義で清涼院氏との共著を準備中。

清涼院   僕も水野さんのブログをチェックするようになって、初めてメールをお送りしたのが去年の七月一日。それ以来、毎日メールをやり取りすることになるなんてね(笑)。

水野   流水さんから初めてメールが届いた時は驚きました。

清涼院   それで会ってみたら、初対面なのに異常に盛り上がって、夕方五時から気がついたら翌朝五時まで一緒にいた。

水野   男と女だったら最後はホテルに行っていたというくらいの盛り上がりでしたね(笑)。文芸とビジネス書の世界には大きな断絶があるのですが、どちらも「人間の営み」というテーマは同じだと思いますし、文芸に興味を持たないビジネスマンにもぜひ流水さんの作品を読んでもらいたかった。

清涼院   「世の中をハッピーにしたい」というのが僕の信念なんですが、水野さんも同じことを考えていて、二人で文芸とビジネス書の垣根を取っ払って、最終的には世の中をハッピーにしたいと考えた企画が、今秋「水野流水」名義のビジネス書として実現することになりました。そして、この一連の流れの中で、新作『コズミック・ゼロ』が生まれたということにも、大きな意味があると僕は思っているんです。 

量質転換の末に生まれた最高傑作

清涼院   今回、『コズミック・ゼロ』を書くことになったきっかけは、初代の担当であるIさんの情熱と、当初の刊行予定(昨年の九月)が僕のデビュー十二周年というタイミングで、干支(えと)が一巡するんだったらもう一度原点に戻ってもいいんじゃないかと考えたからです。僕の中の「コズミック」的なものをすべてリセットするという意味も込めて、『コズミック・ゼロ』というタイトルにしました。
  僕がデビューした時は、こんな奴は長続きしない、一、二年で消えると散々言われたんです。それで、とにかく「たくさん書く」ことと「書き続ける」という目標を自分に課して、実際、十三年間で六十冊ぐらい出しましたし、二年前には十二カ月連続刊行ということもやりました。

水野   一年間、仮眠しかしなかったと言ってましたね(笑)。

清涼院   それで、もう量はいいかなと考えていたタイミングで『コズミック・ゼロ』を書くことになったので、僕の再出発として徹底的に質にこだわって書いてみようと思ったんです。これはまさに、ビジネス書でよく言われる「量質転換」にあたることで、質を高めるためには千本ノックのように量を経験しなければいけないということです。
  そうやって書き上げた『コズミック・ゼロ』ですが、ビジネス書の書き手としてお読みになっていかがでしたか?

コズミック・ゼロ
清涼院 流水・著

定価:1680円(税込)

詳しい内容はこちら