書評

三〇年の時を超えて

文: 末延 吉正 (中央大学特任教授・元テレビ朝日政治部長)

『清貧と復興 土光敏夫100の言葉』 (出町譲 著)

 私は、若き記者時代に幸運にも土光に出会い、大きな影響を受けたが、生の土光に出会うことなく、三・一一の衝撃を契機にジャーナリストとしての責任感から残された文献にあたり、取り壊し寸前に「清貧と改革」の“聖地”「メザシの土光邸」にたどり着き、映像に収めた著者の気骨ある生き方に敬意を表したいと思う。

 かつて私も籍を置いた民放テレビ局の、看板報道番組のニュースデスクとして土光邸を取材し放送しながら、著者には満たされぬ思いがあったに違いない。三・一一大震災当時から「政治家の言葉が軽い」と憤っていたが、それは同時に、職業人として「深い見識と的確な判断力で慎重に言葉を選びつつニュースを伝えるべき」立場の人たちの、言葉の軽さに対する憤りでもあるのだろう。日々の仕事の傍ら執筆のための取材を重ね『清貧と復興』を誕生させた著者の素朴な思いを読みとってもらえればと思う。

【次ページ】

清貧と復興
出町 譲・著

定価:560円+税 発売日:2014年02月07日

詳しい内容はこちら