インタビューほか

諦観と悔恨。老境の卜伝を描く

「オール讀物」編集部

『卜伝飄々』 (風野真知雄 著)

諦観と悔恨。老境の卜伝を描く

『卜伝飄々』 (風野真知雄 著)

 生涯、戦うこと数百戦。刀傷ひとつ負わなかったという剣聖・塚原卜伝。名だたる武将たちを弟子にし、諸国を巡り、多くの伝説を生んだという卜伝だが、その生涯は、伝説と謎に彩られている。『卜伝飄々』は、卜伝が老境にさしかかり、刀を使わずに勝とうとする「無手勝流」に目覚めるまでを描く、一風変わった時代小説だ。

「もともと剣豪小説を書こうという気はなかったんですが、武蔵などにはない、卜伝のどこか力の抜けた様子を一度、書いてみたいと思っていました。卜伝の伝説を調べると、無理せず、むやみに戦わず、肩肘はらず飄々と、どこか仙人めいたところがあるんですが、剣豪として、高みを目指しつつも、悟りきれない卜伝に、どこか自分の憧れを重ねたのかもしれません」

 この物語は、巷間知られる卜伝の逸話を元に、彼の人となりを探る構成となっている。冒頭の「南蛮狐」では、落語の「岸柳島」を下敷きに、卜伝の跡をつけ、卜伝が倒した剣客の持ち物を奪って金にする若者が登場し、若者と死にゆく者たちから、ヒントを得て、新たな秘剣を会得する。また、「半々猫」では、時代小説らしからぬ意外なモチーフを使いながら、死生観を語る。卜伝は、死と隣り合わせの世界で、あらゆるものを発見していくのだ。

風野真知雄
かぜのまちお/1993年「黒牛と妖怪」で歴史文学賞を受賞しデビュー。「妻は、くノ一」、「耳袋秘帖」など人気時代小説シリーズを数多く執筆。近著に『沙羅沙羅越え』。

「死んでいるのも、生きているのも、同じ。それは臨在戦場の卜伝なら必ず、考えていたのではないでしょうか。それで、ふと思い出したのが、量子力学の『シュレディンガーの猫』と、トリュフォーが死んだ後のゴダールの言葉でした。そんないいかげんな思い付きが、物語の中に溢れています(笑)」

 考察は、死とともに長く生きること、すなわち「老い」へも向けられる。剣豪としての技術が向上する頃には、すでに体力が衰える。これは、現代にも共通する誰もが抱える悩みでもある。

「老いは必ずやって来ますが、最近は、見た目が若いままの人も増えましたね。でも、それってうまく年を取っているのかなと……。じゃあ、ただただ枯れていくだけなのも、面白くないですよね。その時に、自分だったらどうしたらよいのかなと、考えて書きはじめたんですが、結局、結論が出ませんでした(笑)。ただ、『老い』を追い越せるとしたら、それは卜伝のように、あがいてあがいて自分だけの高みを目指すことしかないのかな……と」

 ただ枯れるのでもなく、若くあろうとするのでもなく、あくまで、飄々と理想を目指して、秘かにあがきつづける。それこそが生を享受するひとつの方法であると、風野流卜伝は、教えてくれているのかもしれない。

卜伝飄々
風野真知雄・著

定価:本体1,550円+税 発売日:2015年08月22日

詳しい内容はこちら

オール讀物 2015年10月号

定価:980円(税込) 発売日:2015年09月19日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評戦国期、厳冬の北アルプス越え(2014.09.07)
インタビューほか「また二人に会いたい」の声に励まされて──(2011.05.20)
特設サイト風野真知雄 耳袋秘帖シリーズ(2011.05.10)
インタビューほか発表! 本屋が選ぶ時代小説大賞2011 (2011.11.22)
書評『儲けすぎた男 小説・安田善次郎』解説(2013.09.18)