特集

面白いのは当たり前、賢い女なら“活用”しよう!
アラサー女子に贈る“司馬本”7つの楽しみ方(後編)

文: 勝木 美穂

(6)ちょっと知的な旅に出る

欧州講演旅行の際の電車にて。

 その土地の歴史や文化に関する知識があるかないかで、旅の印象はかなり違ったものになる。そろそろ知的な旅をしてみたい、と考える女子にも“司馬本”は使える。おすすめなのは、1971年から週刊誌上で連載が始まった『街道をゆく』シリーズ。連載開始時の司馬遼太郎は作家としても人間としても充実期にあたる47歳。日本各地やアジア、ヨーロッパ、アメリカの国々の風景が歴史や文化に造詣の深い彼の眼を通して語られているため、日本を知るにはもってこいの歴史紀行エッセイである。

『街道をゆく』でもモンゴルを旅している司馬遼太郎だが、『草原の記』でも、歴史の激流に翻弄されながらも誇り高くしたたかに生きるモンゴル民族に対する深い知識と憧憬の念を綴っている。読めば、どこまでも続く蒼い空と緑の草原に立ってみたくなるはずだ。

 初めてのアメリカ旅行を綴った『アメリカ素描』も秀逸。旅をしているのは80年代半ばのアメリカなのだが、普遍的な文化・文明論として楽しく読むことができる。


『街道をゆく』
「道」をキーワードに歴史や人物論を交えながらその土地の風景や人々の様子を綴る。日本とは何か? 日本人とは何者か? 考えながら読んでみたい歴史紀行エッセイ。第1巻は織田信長が逃げ込んだ朽木渓谷を訪ねた「湖西のみち」などを収録。(朝日文庫 全43巻)

『アメリカ素描』
「映画と小説で十分だ」と思っていたアメリカへ初めて旅することになった司馬遼太郎。観光名所や博物館ではなく、サンフランシスコのゲイの街やニューヨークの黒人街ハーレムなどで“生”のアメリカに触れながら、独自の文明&文化論を展開している。(新潮文庫)

『草原の記』
著者が旅先のモンゴルで出会った一人のモンゴル人女性。ロシア、満州、中国と国籍を変えざるを得なかった彼女の過酷な人生を通して、誇り高き遊牧民の歴史をたどった壮大な叙事詩。司馬遼太郎が少年の頃から抱き続けた蒙古への熱い思いが感じられる。(新潮文庫)

【次ページ】(7)大河ドラマの原作として楽しむ

最後の将軍 徳川慶喜
司馬遼太郎・著

定価:本体520円+税
発売日:1997年07月10日

詳しい内容はこちら

CREA 2016年2月号
人生の色んなことに迷ったら 大人の少年少女文学

定価:780円
発売日:2016年01月07日

目次はこちら


 こちらもおすすめ
特集面白いのは当たり前、賢い女なら“活用”しよう! アラサー女子に贈る“司馬本”7つの楽しみ方(前編)(2016.02.02)
特設サイト司馬遼太郎「司馬遼太郎を読む」(2013.09.02)
特設サイト司馬遼太郎『竜馬がゆく』 電子書籍(2013.06.03)
特設サイト司馬遼太郎『燃えよ剣』 電子書籍(2014.06.27)
インタビューほか北大路欣也 『竜馬がゆく』から始まった(2016.02.01)
特設サイト『池波正太郎×司馬遼太郎 同時代を生きた二人の大作家の軌跡』(2013.10.01)
インタビューほかビジネスマンは、必要とされる人間であれ!(2015.11.04)
書評『司馬遼太郎対談集 日本人を考える』解説(2014.07.03)
インタビューほか宮城谷昌光×江夏 豊 司馬遼太郎真剣勝負(2014.05.15)
書評『新聞記者 司馬遼太郎』 文庫版あとがき(2013.06.20)
書評『坂の上の雲』の「あとがき」に見る司馬遼太郎の名言(2011.09.20)
書評司馬史観、日露戦争について 理解を深めるための貴重な一冊(2009.11.20)