書評

特殊な国の特異なサッカー

文: 熊崎 敬 (ジャーナリスト)

『JAPANサッカーに明日はあるか』 (熊崎敬 著)

  サッカーは国を映し出す鏡といわれる。その国の歴史や風土、文化が、サッカーそのものと、それを取り巻く風景のなかに鮮やかに浮かび上がるからだ。

  ブラジルやアルゼンチン、スペインやイタリア、ガーナやチュニジアなど、数々の国を旅してきたが、どの国にもそれぞれのサッカーが営まれていた。なかでも印象深いのが、二〇〇五年に訪れたイランである。「ならず者国家」とアメリカから指弾されるこの国で、サッカーは国民的スポーツを超えた民族の誇りとして位置づけられる。

  イランのサッカーにとって最大の栄光は、一九九八年フランス・ワールドカップにおけるアメリカ戦での勝利である。このときの映像は、いまでもテレビ番組の合間に頻繁に流され、民族の誇りを再確認する重要な機会となっている。

  フランスで代表チームが仇敵アメリカを打倒したとき、イランは国中が大混乱に陥った。男はもちろん、普段は自宅でひっそりと暮らしている女性までもが家を飛び出し、あろうことか髪を覆い隠しているスカーフを取り払って踊りだした。暴走する群衆を取り締まるはずの警察官も、車の上で飛び跳ねていたという。

  イランでは、婚前の男女がデートすることも、公園でのど自慢をすることも許されていない。そんな鉄の規律が、たかだかサッカーの一試合の勝利によって、脆(もろ)くも崩れ去ってしまったのだ。

  これがイランにおけるサッカーの影響力である。国際社会から孤立するイランには、アメリカやイギリス、ドイツといった大国と対等に勝負できるものが、ほとんどない。勝負することすら許されていない。だが、サッカーでなら、それがかなう。その勝敗がスポーツの結果を超えた重大性を持つのは、ある意味で自然なことだろう。

JAPANサッカーに明日はあるか
熊崎 敬・著

定価:550円(税込) 発売日:2010年05月07日

詳しい内容はこちら