書評

プーチン『独裁』下のロシアを訪ねて

文: 亀山 郁夫 (東京外国語大学長)

『ロシア 闇と魂の国家』 (亀山郁夫・佐藤優 著)

 なぜ、独裁なのか。

 ロシア人の民族的遺伝子には、「独裁(デイクタトウーラ・диктатура)」の九文字が組み込まれているのか?

 そんな疑問を抱えながら、私は成田を飛び立った。アエロフロート五七六便は、高度二万メートルの上空を滑らかに泳ぎつづけていた。

 スチュアデスから手渡されたポータブル・ビデオシステムの小さな画面に「THE SUN」という文字が浮かび上がる。まさか、と思った。一昨年の夏、日本でも封切られ、話題になったアレクサンドル・ソクーロフの映画「太陽」が、「現代ロシア映画」のリストに収められていたのだ。この映画は、人間宣言を決意した昭和天皇の一日を描いた一種の歴史映画で、「太陽」はいうまでもなく、昭和天皇ヒロヒトのメタファーである。「現人神」のヒューマンな内面を演じるイッセー尾形が、言葉に尽くせない巧みな味を出していて、私は約二時間、暗闇のなかで息をしのばせつづけた。

 何よりも鮮烈だったのは、東京大空襲の場面である。地下壕にある研究所でつかのまの作業を終えた天皇が、大空襲の悪夢にうなされる。地獄絵をなして燃え上がる東京の上空を、B29が、水槽のなかの魚のようにくねくねと泳ぎまわる。魚と戦略爆撃機、水と大火の、何というメタフォリックな豊かさに満ちた映像だろうか。イメージの創造に命をかける芸術家の飽くなき貪欲さに恐れをなし、この衝撃的な美しさと、ポータブル・ビデオの小さな画面で出会ってしまったことに後悔を覚えていた……。

 今回のロシア訪問は、NHK・ETV特集のための取材が目的だった。大統領選をまぢかに控えたモスクワをスケッチし、新たな独裁の時代に入ったロシアの姿を、十九世紀ロシア、とりわけドストエフスキーの目線から考え直そうという企画である。しかし、案内役の私には、それとは別の、ある、隠された目的があった。

 今年の初め、佐藤優氏との二度にわたる対談「ロシア 闇と魂の国家」で口にした疑問を、現地で、もう一度確認したかったのだ。その疑問というのが、冒頭に記した四行だった。『国家の罠』や『自壊する帝国』の著者である佐藤氏が、厳としてプーチン支持をとなえ、現代における「大審問官」の復権という独自の見方を示したことにもひどく刺激されていた。なに、独裁って悪くないのか、そんな思いである。

 他方、私は、いわゆる「プーチン独裁」に対して、何かしら生理的な嫌悪のようなものを覚えていて、今回のロシア行きにも食指をそそられなかった。しかし、いったん行くと決めたからには、佐藤氏の真意を確かめ、なしうる限り、ロシアの市民たちの本音をさぐりたいと願った。そもそも、私がいま抱いているロシア観こそ、たんに一人よがりの、ロシアの古い思想家たちの古い価値観にしたがった、救いがたく時代錯誤的なものなのか。

【次ページ】

ロシア 闇と魂の国家
亀山郁夫、佐藤優・著

定価:本体750円+税 発売日:2008年04月21日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評翻訳界の「ドリーム・チーム」が伝える 連合国、 枢軸国双方の子どもたちの日記(2010.08.20)
書評アフガン、イスラム国の上空に潜む 無人偵察・攻撃機はいかにして進化したのか(2015.03.02)
書評高倉健の知られざる傑作の原作 佐藤優が発見した「2・26」ドキュメント(2015.02.23)
インタビューほか「この国は戦争に巻き込まれる」 池上彰×佐藤優 2人の論客が表の顔と裏の顔で語り合った愛国対談(2014.11.20)
書評誰も知らない「黒い皇帝」の真実(2012.05.23)