書店の謎

書店員になって良かった!
これが書店の底力

文: 「本の話」編集部

知っているようで知らない書店のことについて、全国各地の書店員さんが顔出しで回答する「10人の書店員に聞く<書店の謎>」。いよいよ最終回となった今回は、書店員という仕事の魅力についてお答えいただきました。

 私がよく行く本屋さんにフリーペーパーがあるのですが、自分のお店のものだけでなく違う本屋さんのものもあって、びっくりしたことがあります。場所も違うし、会社も違います。本屋さんはライバルじゃないんですか。どうして、そういうことをやっているんですか? Twitterで本屋さんが一緒に盛り上がることもありますよね。前から不思議に思っていました。(東京都 30代 女性)

個性豊かな全国の書店フリーペーパーの数々

内田剛(三省堂書店神田神保町本店)

 僕も書店フリーペーパーの愛読者です。POP同様に新たに本を知るきっかけとなっていいですね。他書店は本来的にはライバル関係ではありますが、どうしても売りたい本があれば同志として共闘をします。Twitterによる情報共有やときにはPOPの交換など。この動きの最大のものが本屋大賞です。

 

岡一雅(MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店)

 書店員は会社やエリアの違いがあっても「本が好き」という一点で共通しています。自分達が好きな本を売る為なら、違いを越えて同じ本をPOPや帯を手作りして展開したり、読んで面白かったペーパーを作った書店さんに頼んで、自分の店でも配布したりする人たちです。
 より多くの人に自分達のオススメの本を買って読んで貰うこと。そしてリピーターになって書店に来て貰うこと。本好きと言う趣味の部分と担当ジャンルの売上向上という実益を結び付けるこの発想こそ、今の書店員が持つ強さの現れだと思っています。

 

栗原浩一(あゆみBOOKS仙台青葉通り店)

 ライバルといえばライバルですが、現在はスマホやゲームなどで本を読む人が少なくなっています。1人でも多くの人が書店に足を運んでほしいので、会社は違えど書店同士が交流をはかりイベントなどで盛り上げて本屋ってこんなに面白い空間なんだよということをアピールしているのです。結局、書店員は本の好きな人達の集まりなので、本をつまみに飲んで語れるんだと思います。

 

富田結衣子(文教堂書店代々木上原駅店)

 そうですよね、確かに不思議に思われる方も多いと思います。ただ、この出版不況の中で「どうしたら本がもっと売れるのか」、「どうしたらお客様に書店に足を運んで頂けるのか」、という問題は、もはや書店員共通の(更に言えば版元さんも含めた)問題になってきています。
 1店舗、1つの会社として、勿論ライバルではあるのですが、それ以上に本が好きで書店という空間を守りたいという気持ちから生まれた仲間意識があるのではないかな、と私は考えています。
 先輩書店員の方の意見を聞いたり、「この本面白かった!!」とお互いに情報共有する事で知識を増やしたり(単純に感想で盛り上がったりすることもあります)、同じ職業だからこそ言える悩みを相談したり……。
 私自身もTwitterを通して沢山のことを学んでいます。様々な地域の書店員さんがどのように働いているのか、うちのお店では押してなかったけれどこの本売れそうだなと思う、生の声を知ることができるのはとても貴重なことです。
 本は生活必需品ではありません。極端な話、なくても生きていけます。だからこそ、どうしたら1冊でも多くの本を1人でも多くのお客様に届けることができるのか、を全国の書店員さんが日々模索しています。
 その一環として、お店や会社の壁を超えたフリーペーパーの陳列や、Twitterでのやり取りがあるのだと私は考えています。

 

山本善之(くまざわ書店大手町店)

 読書人口を増やしたい。本をより多くの人に届けたい。本屋で本を買う楽しみを、多くの人に知ってほしい。
  企業として生き抜かなくてはならない現実もありますが、恐らく根には共通したものがあるのではないでしょうか。
「お客様のために」を考え、競合他社の方と協力し合うことでより面白いことができるのであれば、変なプライドを持たず様々なことを学び、店に取り入れたいと思っています。
 また、私見ですが、単純に本屋さん・出版業界には面白い人が多いです。この仕事を選び働いている様々な理由・情熱に圧倒され、思わず好きになってしまいます。そういった方と、人として親しくさせて頂きたいと思う気持ちがあります。

【次ページ】本当にすごい書店員とは