2015.06.21 インタビュー・対談

京都で勃発!? 「シャーロック・ホームズ譚」見立て殺人!
気鋭ミステリ作家が描く新世代推理劇と〈超人探偵〉とは

聞き手: 「本の話」編集部

『キングレオの冒険』 (円居挽 著)

京都で勃発!? 「シャーロック・ホームズ譚」見立て殺人!<br />気鋭ミステリ作家が描く新世代推理劇と〈超人探偵〉とは

――まずは本作誕生のきっかけからお聞かせください。

円居 元々好きなものを好きにアレンジして書く作風でしたが、ドラマの『SHERLOCK』を観てホームズ譚のアレンジはやり甲斐がありそうだなと感じたのがきっかけです。また、それとは別に、本作の主人公・獅子丸と助手・大河の物語をどこかで書きたいと思っていたのもありました。

 一方で現代の日本にホームズのような、何をしても許される名探偵を出すのはそれなりにハードルが高いなと感じていたのですが、日本探偵公社という設定を持ち込むことで解決しました。そういう背景で誕生したのがこの『キングレオの冒険』です。

 個人的には良いタイミングで手持ちのカードが揃ったからこそ書けた作品だと思います。

――ミステリファンにとってシャーロック・ホームズというのは特別な存在です。挑むには覚悟も必要だったのではないでしょうか。そもそも円居さんご自身はどんなふうにホームズに親しんでこられたのでしょうか。

円居 子供の頃は人並みにホームズ譚に夢中になったものですが、大人になるにつれ世の中には自分より遥かに熱心なシャーロキアンが多いということを知りました。熱心なファンの多い作品を扱う怖さは承知しつつ、気楽にやろうと決めて書きました。

――数あるお話の中からどれを選択するか、ご苦労も多かったのではないかと思います。

円居 毎回「この事件は正典のあの話とそっくりだ」という展開である以上、本来なら獅子丸たちが「あの話ではああだった。しかしこの事件はここが違う」と原典のネタをバラしながら推理するシーンがあってしかるべきだったんですが、やはり未読の方の楽しみを奪わないのがミステリ作家としての仁義だと考えて極力カットしました(お陰で元ネタの選択に難儀するようになりました)。

 結果的に当初の想定より不自由な思いをしましたが、その反面、事件がホームズ譚に因んでいることに意味を持たせることができたので、そこは良かったと思いました。

【次ページ】

キングレオの冒険
円居挽・著

定価:本体1,150円+税 発売日:2015年06月20日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評“好きなもの”とダメ出しが生んだ、論理とキャラクターの両立(2018.04.20)
書評奥泉光のスタイリッシュなユーモアミステリ(2015.05.07)
インタビュー・対談小学生が読む『魔法使いと刑事たちの夏』 驚異の年の差対談!(2014.08.25)
書評どんでん返しの魔術師、007を描く(2014.11.19)
書評英国調、元祖コージー・ミステリの名作(2014.11.05)
書評“神様探偵”の超絶推理!(2014.09.17)
書評『私という名の変奏曲』解説(2014.05.09)
インタビュー・対談最高にタフな女探偵・葉村晶がパワーアップして還ってきた!(2014.11.10)