書評

中間種は存在しないという虚妄を覆す

文: 垂水 雄二 (翻訳家・科学ジャーナリスト)

『移行化石の発見』 (ブライアン・スウィーテク 著/野中香方子 訳)

 著者ブライアン・スウィーテクは古生物学の研究者であるとともに、さまざまな雑誌やメディアで活躍する気鋭のサイエンス・ライターでもある。「訳者あとがき」でも触れられているように、教育実習で小学生に進化論を教えようとしたときに、校長から横やりが入って中止させられたことが、本書執筆の動機だったらしい。

 日本では、学校で進化論を教えることに抵抗はないが、福音派を中心としたキリスト教原理主義者の多い米国では、進化論は久しく政治的・宗教的論争の対象となってきた。聖書に書かれたことが唯一の真実だと信じる人々は進化論がその教義に反するもので、学校で教えることは信仰の自由を侵すものだという言い分である。これまで進化論と宗教の対立は米国だけの特殊事情だと思われてきたが、近年では、進化論教育批判は英国やドイツなど、西欧諸国にもひろまりつつある。というのは、それらの国で人口比率を増大させつつあるイスラム教原理主義者も、キリスト教原理主義者と同じように、進化論を学校で教えることに反対するからである。

 進化論がキリスト教に与えた最大の衝撃は「種が変わる」という事実である。種は神が個別に創造されたものであり、不変のものであるというのがダーウィンの時代における圧倒的多数の人々の共通認識であり、種の不変性の否定は神の全能性に対する否定にほかならなかった。もう一つの衝撃は、進化論の論理的な帰結として、人間も他の生物から進化したのであり、もはや神に愛される特別な存在ではなくなったことである。

 極端な原理主義を支持しない多くのキリスト教徒は、進化論を宗教と切り離して、科学的な学説として受け入れているが、そうした人々のあいだでも、進化論についての不信感や誤解は根強く残っている。インターネットで「進化論はまちがっている」という類の意見を述べているサイトは無数にある。そのほとんどは、キリスト教原理主義者のものであるが、ごく少数ながら科学理論として欠陥を論じているものもある。宗教的なものを含めて、進化論批判の根拠としてもっとも頻繁にもちだされるのが、本書の主題である中間種(移行化石、ミッシングリンク)の不在である。とくに頻繁に言われるのが、サルから人間が進化したのなら、どうして中間種が見つからないのかという批判である。

 進化が突然変異と自然淘汰(自然選択)によってA種からB種やC種を経てD種へと漸進的に進行したのであれば、その中間にあるはずのB種やC種の化石(ダーウィンは「移行段階にある化石」と表現している)がいっぱい見つかっていいはずなのに、中間種の化石が存在しないのは、進化が起きなかった証拠だという論法である。しかし、ダーウィンはA→B→C→Dといった直線的な形で進化が起こるとは考えていなかった。直線的な進化のイメージを定着させた責任は、トマス・ハクスリーやハーバート・スペンサーらにある。ダーウィン自身が想定していた進化の系列は、『種の起源』でたった一葉だけ挿入されている進化の模式図(第四章、同じ図が第一三章で種の系統的類縁関係を示すのにも使われている)に明らかである。それは、種が木の枝のように分れていく樹状モデルで、今日生き残っている生物種はその先端の葉っぱに相当する部分なのである。したがって一枚の葉っぱは枝を通じて木の根元までつながっているが、葉っぱどうしは孤立していて直接のつながりがないのと同じように、現生種のあいだをつなぐ、生きている中間種が見つからなくとも何の不思議もない。

 こうした観点からすれば、「中間種」は現生の種と種のあいだを直接につなぐものではなく、進化の中間段階を示す化石ということになる。そうなれば、両生類や爬虫類は、魚類から哺乳類に至る進化の中間種だともいえる。チンパンジーとヒトは、直接につながってはいないが、それぞれの進化的な系譜をさかのぼっていけば、どこかで合流する。その地点からサルとヒトに至る無数の中間種が存在するわけである。

【次ページ】

移行化石の発見
ブライアン・スウィーテク・著 野中香方子・訳

定価:本体950円+税 発売日:2014年11月07日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
特設サイトクリストファー・ロイド 『137億年の物語』(2013.07.11)
特設サイトアリス・ロバーツ『人類20万年 遙かなる旅路』(2013.05.10)
インタビューほか巻末特別対談 科学の研究って役に立つの? 成毛眞×田中里桜(2014.10.26)
書評理系・文系の垣根を超えて歴史を俯瞰、 今最も求められる力が 知的興奮とともに得られる(2012.09.07)
書評今こそ、書物の力を見直したい(2011.07.20)