本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる

『京洛の森のアリス』望月麻衣――立ち読み

出典 : #別冊文藝春秋
ジャンル : #小説

別冊文藝春秋 電子版17号

文藝春秋・編

別冊文藝春秋 電子版17号

文藝春秋・編

くわしく
見る

 もう我慢できないとばかりに叔母が声を上げる。

 二人の様子に、きりり、とありすのお腹が痛くなる。

 だが、自分のために二人が争う姿を見るのは、これが最後なのだ。

「お、叔母さん、大丈夫だよ。叔父さんの言う通り交通費はもういらなくなったんだから……」

 ありすが、ショルダーバッグの中から小さな財布を取り出そうとすると、それを遮るように初老の紳士が前に出て、「どうぞこれを」と叔父に封筒を差し出した。

「随分、行き届いてるじゃねぇか」

 叔父は、彼の前で無遠慮に封筒の中身を確かめて、「おっ」と声を上げる。

 予想していたよりも、多く入っていたのだろう、たちまち上機嫌な様子を見せた。

「そんじゃ、ちょっと出掛けてくる。ありす、元気でな」

「はい、叔父さん、お世話になりました」

 ありすは、深く頭を下げる。

 叔父はありすの方を見ようともせずに片手を上げて、軽トラックに乗り込み、そのまま走り去った。

 おそらく、いつものようにパチンコに行ったのだろう。

 叔父がパチンコに出かけるたびに叔母は機嫌を悪くしていたが、ありすはいつも心からホッとしていた。

 彼にとって、厄介払いができたと喜んでいるのは分かる。

 とはいえ約八年間、共に生活してきて、別れの時だというのに素っ気ないものだ。

 叔父も、そして自分も――。

 ありすはぼんやりそんなことを思いながら、叔父の軽トラを見送る。

「ありす様、どうぞお車に」

 背にそっと手を添えて車に乗るよう促す紳士に、ありすは我に返って頷き、後部席に乗り込もうとすると叔母が慌てたように駆け寄り、肩に手を置いた。

「ありす、気を付けてね」

「はい」

「・・・・・・ありす、本当にごめんなさいね。義兄さんと姉さんが亡くなった後、うちに来てもらったのは良いけど、あなたには満足なことをしてあげられなくて……。京都で生まれ育ったあなたが東北の田舎に来ての、貧乏暮らしは応えたでしょうね。結局、高校も行かせてあげられないことになって、本当に・・・・・・」

別冊文藝春秋からうまれた本

電子書籍
別冊文藝春秋 電子版17号
文藝春秋・編

発売日:2017年12月20日

プレゼント
  • 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/6/20~2024/6/27
    賞品 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る