本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【冒頭試し読み】羊と鋼の森

【冒頭試し読み】羊と鋼の森

宮下奈都

日本中の読者の心を震わせた小説、いよいよ文庫化! そして6月には映画も公開されます!


ジャンル : #小説

『羊と鋼の森』(宮下奈都 著)

「空調の方ですか」

 内側から戸を開けながら僕は聞いた。

「江藤楽器の板鳥(いたどり)です」

 楽器? では、この年配の男性は僕が迎えるはずの客ではないのかもしれない。担任に名前を聞いておけばよかった。

「窪田先生から、今日は会議が入ったとお聞きしています。ピアノさえあればかまいませんから」

 その人はそう言った。窪田というのは僕に来客を案内するよう言いつけた担任だった。

「体育館にお連れするよう言づかっているのですが」

 来客用の茶色いスリッパを出しながら聞くと、

「ええ、今日は体育館のピアノを」

 ピアノを、どうするのだろう。そう思わなくもなかったけれど、それ以上のことに特に興味はなかった。

「こちらです」

 先に立って歩き出すと、その人はすぐ後ろをついてきた。鞄が重そうだった。ピアノの前まで連れていったら、それで帰るつもりだった。

 その人は、ピアノの前に立つと四角い鞄を床に置き、僕に会釈をした。これでもういいです、ということだと思った。僕も会釈をし、踵(きびす)を返した。いつもならバスケ部やバレー部で騒がしい体育館が静かだった。高い窓から夕方の陽が差し込んでいた。

 体育館からつながる廊下に出ようとしたとき、後ろでピアノの音がした。ピアノだ、とわかったのはふりむいてそれを見たからだ。そうでなければ、楽器の音だとは思わなかっただろう。楽器の音というより、何かもっと具体的な形のあるものの立てる音のような、ひどく懐かしい何かを表すもののような、正体はわからないけれども、何かとてもいいもの。それが聞こえた気がしたのだ。

 その人はふりむいた僕にかまわず、ピアノを鳴らし続けた。弾いているのではなく、いくつかの音を点検するみたいに鳴らしているのだった。僕はしばらくその場に立っていて、それからピアノのほうへ戻った。

 僕が戻ってもその人は気にしなかった。鍵盤の前から少し横にずれて、グランドピアノの蓋を開けた。蓋―僕にはそれが羽に見えた。その人は大きな黒い羽を持ち上げて、支え棒で閉まらないようにしたまま、もう一度鍵盤を叩いた。

文春文庫
羊と鋼の森
宮下奈都

定価:748円(税込)発売日:2018年02月09日

プレゼント
  • 『踏切の幽霊』高野和明・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/11/25~2022/12/02
    賞品 『踏切の幽霊』高野和明・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る