別冊文藝春秋

『あじゃりあじゃらか』藤沢周――立ち読み

文: 藤沢 周

電子版20号

 一瞬目の錯覚かと思いながら、間違いなく私は胸の中で、未熟な単語を繰り返すばかりです。それが何よりも間違いなく、パソコンの画面をよぎっている、まだ下着の痕さえ残っている、生々しく、白く、たおやかな肉体をあられもなく晒した、伊能志保子本人だということです。

「おいおいッ! おいおいおいおいおいー……」

 後ろでまとめていた髪がほどかれ、白く華奢な肩に観世水のように黒い髪の流れがかかって……。

 けなげな窪みを作りながらも凜とした鎖骨。小さめの梅花のように凝った胸の先。柔らかくたわみ、椀のように張っている乳房の震え。

「……嘘……だろう……?」

 シダのように丘を這い上っている陰部の影、熟れた宝石とも言いたくなるような肉づきのいいお尻の曲線。長い、形のいい、形のいい、形のいい……志保子さんの、脚……。

 こんなことが許されていいのか。

 伊能志保子の独りでいる姿を覗き見たいと思い、念じていた私への、むしろ前もって与えられた罰の兆し……。願って、祈って、念じて、ようやく手に入れられるものが、今、目の前にあるのは、何か懲罰を急ぐ不動明王の采配とも言えるのではないか……。そんなことを思い、怖くなり、握りしめた拳を唇にあてがいました。

「馬鹿野郎、馬鹿野郎ッ」

 いえ、より問題は、志保子さんであり、海照阿闍梨です。

「……毎回……こんな……」

 私は無意識のうちに、折り曲げた人差指を、力を込めて噛んでいました。悔しさになのか、理不尽さになのか、それとも嫉妬のせいか、恐怖のせいか。いえ、むしろ、これが果たして現実であるのかを確かめたくて、何か痛さが欲しかったのです。気付けのようなものがなければ、保っていられないではありませんか。

「うわうわうわうわうわ……」

 志保子さんの白い肌の上を、護摩壇の炎の揺れで、阿闍梨の影がうごめいているのが分かります。私はディスプレイに映し出された女の裸が、見慣れた洞灯院の八畳の障子戸やくすんだ天井、畳、そして、海照阿闍梨の法衣の背中と一緒にあることに、吐き気が込み上げてくるのを感じました。

 ですが、吐き気とともに、裸になったばかりの女の、スズランに似た匂いを想像して深呼吸しているのです。なぜか洞灯院の框近くに揃えられた、パンプスの金色のラベルが瞬くのも見える。

「こんなに……アキレス腱まで……」

 小型カメラは非情なほど、克明に鮮明に映し出しています。皺の寄った腱に薄赤いパンプスだこまで見せながら、一歩一歩青海波のような畳を柔らかく志保子さんの足裏が圧して……。足の甲を這う静脈は、窓ガラスを伝う雨滴の痕のようにも見えます。

別冊文藝春秋からうまれた本

別冊文藝春秋 電子版20号文藝春秋・編

発売日:2018年06月20日


 こちらもおすすめ
別冊文藝春秋『あじゃりあじゃらか』藤沢周――立ち読み(2018.04.19)
書評藤沢周氏は若手作家にとって巨大な存在(2015.04.02)
書評藤沢周ならではの 「武道系部活小説」に喝采!(2012.05.24)