2018.07.21 特集

【冒頭立ち読み】第159回芥川賞受賞『送り火』

文: 高橋弘希

2018年7月18日17時より築地・新喜楽にて開催された芥川賞選考委員会にて、第159回芥川賞に選ばれました『送り火』(高橋弘希 著)の冒頭を公開します。


『送り火』(高橋弘希 著)

 欄干の向こうに、川沿いの電柱から電柱へと吊された提灯が見え、晃が語っていた習わしを思い出し、足を止めた。河へ火を流すというのは、例えば灯籠流しのようなものだろうか――、過去に別の土地で、それを見たことがある。六角柱の灯籠の乗る小舟が、漂うように河を流れた。灯籠は百前後だったが、灯火は水面にも映るので、夜闇には実数以上の光があった。水面の灯籠のほうが、現実の灯火より鮮やかに見えることさえあった。この欄干の向こうの河を、日没後に沢山の灯籠が流れていく――、やがては灯籠が明け方の海へと辿り着く、その光景を思い描き、じりじりと頭を灼く陽光が和らぐ気がした。
「おら、島流し、なにぼうっとしてら。」



こちらもおすすめ
ニュース【速報】第159回芥川賞に高橋弘希さんの「送り火」(文學界5月号)が受賞作に選ばれました。(2018.07.18)
送り火高橋弘希

定価:本体1,400円+税発売日:2018年07月17日