特集

【冒頭立ち読み】第159回直木賞受賞『ファーストラヴ』

文: 島本理生

『ファーストラヴ』(島本理生 著)

「皆さん、愛とは与えるものだと思っていらっしゃいますよね。じつは、それが原因だったりすることもあるんです」

「え? いや、それは間違いなんでしょうか?」

「けっして間違いではないんですけど、正しくは、愛とは見守ること、なんです」

「しかし先生、見ているだけなら、いつまでたっても状況は変わらないんじゃないですか?」

「ひきこもりのお子さんを抱える親御さんに多いのが、過剰にお子さんに気を向けすぎてしまっていることなんです。それって一見、子供想いに思えますよね。だけどじつは親御さんが先回りしすぎることで、本人の自主的な意思を奪ってしまっている場合があるんです」

 森屋敷さんは四角い顔で深々と頷いた。包容力を滲ませた表情につられるように、気付けば熱く語っていた。

 収録は二時間ほどで終わった。

お疲れさまでした、と頭を下げて、スタジオを出る。控室に置いた革のトートバッグを回収して、テレビ用の眼鏡を外してケースにしまい、トレンチコートを羽織った。

テレビ局前のロータリーには一台だけタクシーが止まっていた。夜風に首を竦めつつ駆け寄る。

 ドアが開いたと思ったら、先に中にいたのは森屋敷さんだった。

ファーストラヴ島本理生

定価:本体1,600円+税発売日:2018年05月31日


 こちらもおすすめ
ニュース【速報】第159回直木賞に島本理生さんの『ファーストラヴ』が受賞作に選ばれました。(2018.07.18)
特集【冒頭立ち読み】第159回芥川賞受賞『送り火』(2018.07.21)
特設サイト別冊文藝春秋から生まれた本(2017.12.21)