インタビューほか

若き日の川村元気が12人の巨匠に学んだ、仕事を面白くする力!

川村元気

『仕事。』(川村元気 著)

『仕事。』(川村元気 著)

人生を楽しくするための仕事。
ならば、どんなに時間や労力を費やしても、それは苦にはならない。
もっと上手く、楽しく、たくさん働きたい。そう思うようになるはずだ。
そしてその仕事は、きっと多くの人を幸せにすることができる。
世界を変えることだって、できるかもしれない。
「バスケがしたいです」と心から願った三井寿。
彼が、その後の厳しい練習を乗り越え、チームを勝利に導いていったのと同じように。


大人になってからの、ほとんどの時間。
つまり生きているほとんどの時間、僕らは仕事をしている。
だとしたら、僕は金のためではなく、人生を楽しくするために仕事をしたいと思う。
心から「仕事がしたいです」と叫びたい。
そんな仕事を僕は「仕事」ではなく「仕事。」と呼びたい。
仕事に丸をつけて肯定し、人生を楽しくするために働く。
それが「仕事。」だ。



こちらもおすすめ
特設サイト本屋大賞ノミネート作、ついに文庫化! 川村元気『億男』(2018.03.05)
特集【冒頭試し読み】億男(2018.03.05)
特設サイト川村元気、2年ぶりの最新小説『四月になれば彼女は』(2016.11.01)
仕事。川村元気

定価:本体690円+税発売日:2018年09月04日