インタビューほか

若き日の川村元気が12人の巨匠に学んだ、仕事を面白くする力!

川村元気

『仕事。』(川村元気 著)

『仕事。』(川村元気 著)

しかしながら、そう簡単にはいかない。
今の仕事のあり方でよいのかと、不安になったり不満をもったりする。
上手くできないことだらけだし、わからないことだらけだ。
理不尽な状況や、人間関係のストレスに、いつもさらされている。
変わらなければと思うけれども、なかなか変わることも難しい。
勇気をもつことすらできない。


果たして、人生を楽しくするための「仕事。」などできるのだろうか。
どうやったら、そのきっかけをつかむことができるのだろうか。


そう思ったときに、僕にとっての“安西先生”を探す旅が始まった。
この世界の最前線で働いてきた先生たち。
「仕事。」で、世界を面白くしてきた巨匠たちだ。


僕は彼らに訊ねた。


僕と同じ年の頃、何を想い、何を考え、どう働いていたのか。
何に苦しんだり、何を楽しんだりして、ここまでやってきたのか。
その果てに、何を見つけたのか。


果たして彼らの言葉には、これから人生を楽しくする“仕事の教え”が詰まっていた。
世界を面白くする“仕事のヒント”に満ちあふれていた。


本書ではその言葉を、できるだけ生の状態で紹介していきたいと思う。
そして読み終わった後に、すべての働く人に感じてほしい。


「仕事。がしたいです」と。

仕事。川村元気

定価:本体690円+税発売日:2018年09月04日


 こちらもおすすめ
特設サイト本屋大賞ノミネート作、ついに文庫化! 川村元気『億男』(2018.03.05)
特集【冒頭試し読み】億男(2018.03.05)
特設サイト川村元気、2年ぶりの最新小説『四月になれば彼女は』待望の文庫化!(2019.07.10)