特集

『熱帯』に登場する“不可視の群島”が夜の街に出現。 京都&福岡で、あなただけの冒険を楽しみ尽そう!

森見登美彦『熱帯』 京都×福岡 Bar夜の翼PROJECT 「不可視の群島」を探せ!

『熱帯』に登場する“不可視の群島”が夜の街に出現。 京都&福岡で、あなただけの冒険を楽しみ尽そう!

ある条件が揃ったときにだけ出現するという不可視の群島。それが束の間、京都と福岡の街、つまり酒場に出現するという。限られた手掛かりをもとにその島々をめぐりながら、あなたはどんな冒険をすることになるのか――。
その記憶は、新たな『熱帯』の一挿話となるでしょう。
これはあなただけの『熱帯』を見つけ、人生に刻む、誰も見たことのない「スタンプラリー」です。


開催期間

2019年2月18日(月) ~2019年4月30日(火)

mission

『熱帯』から飛び出し夜の街に散らばった「不可視の群島」を探しあて、秘められた美酒を堪能せよ

冒険の手引

◆ 冒険型スタンプラリー

森見登美彦氏の小説『熱帯』の謎を追いながら、夜の街に散らばる酒場を「不可視の群島」に見立てて巡る、大人向けの冒険型スタンプラリーです。

不可視群島行きのパスポートが各店にありますので、辿りついたら最初のお店でもらってください。

パスポート

◆ 参加店

不可視の群島には「観測所の島」「砲台の島」「魔王の島」「ノーチラス島」「芳蓮堂の島」「進々堂の島」「美術館の島」「満月の島」という8つの島があり、今回は、京都と福岡にそれぞれ4店舗ずつ「島」が出現します。

◆ 賞品

あなただけの冒険が何よりのギフトになってくれればと願っていますが、こんな賞品もご用意しております。

【京都賞・福岡賞】
各エリア4店全部制覇したかたに、それぞれ夜の翼オリジナルステッカーを差し上げます。4店目のお店でお受け取りください。

【コンプリート賞】
両エリアにまたがる8店すべてを制覇した猛者に、どちらか必ず進呈します。

8店目で渡される用紙に、ご郵送先とともにご記入頂き、お店のかたにお渡しください。
イベント終了とともに、順次発送致します。

遊び方

1.お店を探し出す

参加店がどこかはひみつです。この地図に記載された情報をもとに、隠された「不可視の群島」を探しあててください。

▼京都地図


▼福岡地図

●入口付近には『熱帯』ステッカーが、また、店内には『熱帯』(※書籍)がディスプレイされているので目印にしてください。

2.お店にたどりついたら

ご注文の際に以下の合言葉を言ってください。

合言葉 : 池内さんと同じものをください

※パスポートもお店のかたにお渡しください。スタンプを押してくれます。そこが最初のお店であれば、パスポートももらってください。

3.美酒に酔う

各店腕によりをかけて、本企画の参加者だけが楽しめる「限定オリジナルカクテル」(ノンアルコールもあります)と、「シークレットウイスキー」(銘柄はナイショ!)をご用意しております。

冒険のポイント

◆ ひみつのカードボックス

他の「島」に関する情報を記載したカードを入れた木製ボックスがそれぞれのお店に備え付けられています。情報の一部は暗号化されていますが、見事解読に成功すれば全ての情報が手に入ります。

◆ ネタバレ禁止のお願い

冒険中のできごとや、あとに続くかたへの「ヒント」はどんどん発信して頂ければと思いますが、そのものずばりの「店名」はナイショでお願いします。

Twitterの公式ハッシュタグはこちら
#夜の翼

 

みなさまの冒険が楽しいものになりますように!

主催:株式会社文藝春秋、福博ツナグ文藝社
協賛:江崎グリコ株式会社


サイト&twitterで随時情報発信中!

『熱帯』特設サイト

特設サイトへ

公式Twitter
https://twitter.com/morimi_nettai

お問い合わせ
i-bungei2@bunshun.co.jp
 



こちらもおすすめ
特集「あなただけの吾輩」を──『熱帯』紙だるま展開図を大公開!(2019.01.30)
特集魔力を秘めた本たち──森見登美彦が選んだ究極の「奇書」55冊(2018.12.28)
書評夢の中で夢を見ているような感覚 森見登美彦「熱帯」の魅力とは 野谷文昭『熱帯』(森見登美彦 著)を読む(2018.12.28)
インタビューほか『熱帯』森見登美彦 「幻の本についての小説を書いてみたいと思っていた。」(2018.11.21)
ニュースこの本を最後まで読んだ人間はいない──お待たせしました! 森見登美彦『熱帯』11月16日に発売です(2018.10.15)
熱帯森見登美彦

定価:本体1,700円+税発売日:2018年11月16日