ニュース

【速報】第50回大宅壮一ノンフィクション賞に河合香織さんの『選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子』が選ばれました。

『選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子』(河合香織)

2019年5月15日(水)に開催された選考委員会にて、第50回大宅壮一ノンフィクション賞に河合香織さんの『選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子』が選ばれました。

プロフィール

河合香織

1974年生まれ。神戸市外国語大学卒。2009年『ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち』で第16回小学館ノンフィクション大賞を受賞。

<作品>『セックスボランティア』2004年新潮社刊。『誘拐逃避行 少女沖縄「連れ去り」事件』07年新潮社刊(のち『帰りたくない 少女沖縄連れ去り事件』と改題し新潮文庫刊)。『ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち』10年小学館刊=第16回小学館ノンフィクション大賞受賞。『絶望に効くブックカフェ』17年小学館文庫刊。


 こちらもおすすめ
インタビューほか出生前診断の“誤診”で産まれたダウン症児 「産む」という選択を考える(2018.09.17)
選べなかった命河合香織

定価:本体1,700円+税発売日:2018年07月17日