別冊文藝春秋

『夢で逢えたら その女、芸人につき』吉川トリコ――立ち読み

文: 吉川トリコ

電子版27号

「別冊文藝春秋 電子版27号」(文藝春秋 編)

『笑っていいとも!』に出るのが夢だった。

 テレフォンショッキングじゃなくてレギュラーで。

 タモリさんや関根(せきね)さんや鶴瓶(つるべ)師匠やSMAPのだれかと並んでステージに立って。

 新宿アルタからお茶の間に笑いを届けたい。

 子どものころからずっと夢見ていたのに間に合わなかった。

 あとちょっと、あともうちょっとだったのに。

 二〇一四年三月三十一日、一人暮らしのアパートで膝を抱え、砂を噛むような思いで金木真亜子(かなきまあこ)はいいとも最終回を観た。

 芸歴十年にして世間に顔と名前が浸透しだし、街で声をかけられることも増えてきて、体感としては八合目あたりまできているかんじだった。突然のいいとも終了は、まさに青天の霹靂(へきれき)であった。テレビがあるかぎり、いいともだけは永遠に続くんだと思っていた。頂上まであと少しと思っていたところで、強制的に山を降ろされてしまったこの気持ちをどう表現したらいいのだろう。

 無念。

 かつては夢と希望でぱんぱんに膨らんでいた胸に、その二文字が浮かんだ。

別冊文藝春秋からうまれた本

別冊文藝春秋 電子版27号文藝春秋・編

発売日:2019年08月20日


 こちらもおすすめ
別冊文藝春秋『どうかこの声が、あなたに届きますように』浅葉なつ――立ち読み(2019.08.22)
別冊文藝春秋『グランドシャトー』高殿円――立ち読み(2019.08.29)
別冊文藝春秋『新しい星』彩瀬まる――立ち読み(2019.09.12)