別冊文藝春秋

『新しい星』彩瀬まる――立ち読み

文: 彩瀬まる

電子版27号

「別冊文藝春秋 電子版27号」(文藝春秋 編)

 三年ほど前のある昼下がりの出来事を、森崎青子(もりさきあおこ)はまるで、自分がもう一度産まれ直したような、生々しく忘れがたい感覚と共に記憶している。

 青子は実家のリビングの床へ横向きに寝そべり、下敷きにしたキルト地のラグとフローリングとの境目に両手を投げ出していた。その辺りにはちょうど、ガラス戸から差し込む初夏の日差しが細長い平行四辺形を描いていた。昼食後のデザートを食べるうちに眠くなって、テレビを消して横になったのだ。ローテーブルにはまだカステラが二口ほど残った小皿と、自家製の麦茶のコップが置かれたままになっている。リビングには丈夫な帆布のカバーがかかったソファーも設置されているのだけど、青子は子供の頃から、日当たりの良い位置を狙って床に寝転がるのが好きだった。

別冊文藝春秋からうまれた本

別冊文藝春秋 電子版27号文藝春秋・編

発売日:2019年08月20日


 こちらもおすすめ
別冊文藝春秋『どうかこの声が、あなたに届きますように』浅葉なつ――立ち読み(2019.08.22)
別冊文藝春秋『グランドシャトー』高殿円――立ち読み(2019.08.29)
別冊文藝春秋『夢で逢えたら その女、芸人につき』吉川トリコ――立ち読み(2019.09.05)
高校生直木賞高校生は『くちなし』のどこに共感した? 高校生直木賞 前回受賞者・彩瀬まるさん講演会レポート(1)(2019.07.10)
高校生直木賞高校生直木賞 参加25校の代表生徒たちの声(1)(2018.09.09)