インタビューほか

<大崎梢インタビュー>新米編集者、スポーツ雑誌に挑む!

「オール讀物」編集部

『彼方のゴールド』

<大崎梢インタビュー>新米編集者、スポーツ雑誌に挑む!

夢を掴んだ人を認められるか?

大崎梢 著『彼方のゴールド』

 東京オリンピックを間近に控え、日に日に熱気を増すスポーツ界。そんな忙しない現場に“スポーツ門外漢”が突然放り込まれたら……?

『プリティが多すぎる』『クローバー・レイン』『スクープのたまご』で、出版社を舞台に、臨場感あふれるお仕事小説を書いてきた大崎梢さん。シリーズ第四弾の舞台は“スポーツ総合雑誌”だ。

 出版社〈千石社〉で働く入社三年目の目黒明日香は、営業部からスポーツ総合雑誌『Gold』編集部への異動を命ぜられる。思わず拒否権を行使したくなるほどスポーツに疎い明日香であったが、現場に通いつめ、選手たちと真摯に向き合い続けるうちに、スポーツの奥深さを体感していく。

「私はスポーツをやっていたわけでもなく、どこかのチームや選手の熱心なファンだったこともありません。ですが、スポーツファンのほとんどが知っている、憧れの雑誌『Number』には、スポーツに詳しくない人も配属されることがあると聞いて。そういう人の目線から、雑誌の舞台裏を描いたら面白くなると思いました。スポーツそのものを題材とした小説はたくさんありますが、“伝える”側の物語はあまり聞いたことがなかったので、これは挑戦してみよう! とワクワクしてきたんです」

 執筆にあたっては試合の取材だけでなく、『Number』編集部をはじめとするスポーツ関係者への取材を重ねた。

「『Number』のプラン会議も見学しました。特集内容は決まっていても、試合結果は終わってみないと誰にも分からない。様々な状況をシミュレーションしながら議論を交わし誌面を考える過程は、筋書きのないドラマのようで、とても新鮮でした。カメラマンにもお話を伺い、そのエピソードは小説に色濃く反映されています」

 明日香の成長と並行して描かれるのが、かつて競泳選手を目指していた幼馴染たちの姿だ。途中で夢を諦めた者、まだ追い続けている者。ライバルとして切磋琢磨してきた彼らの物語には、ある普遍的な教訓が含まれている。

「夢を諦めることが悪いことだとは思いません。しかし、納得いくまで努力を続けていれば、たとえ自分は夢が叶わなかったとしても、夢を掴んだ人のことを認めることができるのではないか。『私も頑張ったけれど、あの人はもっと頑張ったんだ』と思えた時、自分自身も成長できるのではないか。これは私が小説家を目指していたときに思っていたことでもあり、スポーツの世界にも通じることではないでしょうか」

 スポーツのリアルが詰まった爽快なエンタメ小説。読後はスポーツ観戦がより一層楽しくなることだろう。


おおさきこずえ 東京都生まれ。二〇〇六年、『配達あかずきん』でデビュー。『本バスめぐりん。』『横濱エトランゼ』ほか著作多数。一七年よりミステリーズ!新人賞選考委員を務める。

彼方のゴールド大崎 梢

定価:本体1,450円+税発売日:2019年10月31日

スクープのたまご大崎 梢

定価:本体680円+税発売日:2018年09月04日

プリティが多すぎる大崎 梢

定価:本体680円+税発売日:2014年10月10日

夏のくじら大崎 梢

定価:本体710円+税発売日:2011年06月10日


 こちらもおすすめ
書評週刊誌は好きになれない人こそ、この小説を読んでほしい(2018.09.20)
書評奮闘する編集者が見つけたふたつのP(2014.11.06)
書評“プリティ”を支えるプロ意識(2012.03.12)