本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
<唯川恵インタビュー>新連載の舞台は出身地・金沢。花柳界の濃密な人間ドラマに挑む!

<唯川恵インタビュー>新連載の舞台は出身地・金沢。花柳界の濃密な人間ドラマに挑む!

「オール讀物」編集部

新連載インタビュー

出典 : #オール讀物
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

「オール讀物 1月号」(文藝春秋 編)

「梅ふく」には、年齢も生い立ちも違う個性豊かな芸妓たちが集う。

 例えば、朱鷺の幼馴染・トンボは芸妓でありながら、いつも男仕立ての着物を纏い、髪も結っていない変わり者だ。

「実際にトンボのような子はいなかったと思いますが、これはあくまでもエンタテインメント小説。史実を飛び越えて、面白い人間模様を描いていきたいです。芸妓の商売相手は男ですが、置屋のなかは女社会。私の大好物です(笑) 。喧嘩や嫉妬もありますが、『ひとりで頑張らなくちゃならない』という思いを共有した女性たちの間には、ある種の連帯感も生まれてくる。女性同士の関係性も楽しんで読んでほしいですね」

 豪華絢爛な着物、優雅な舞など花街文化特有の華やかな描写にも注目したい本作。

 花柳界の濃密な人間ドラマがどう展開されるか楽しみだ。

プレゼント
  • 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/6/20~2024/6/27
    賞品 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る