本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
明治初期から太平洋戦争の終焉まで。壮大な物語を読み解く『熱源』ガイド――地図編

明治初期から太平洋戦争の終焉まで。壮大な物語を読み解く『熱源』ガイド――地図編

文:「オール讀物」編集部

『熱源』(川越 宗一)

出典 : #オール讀物
ジャンル : #小説

『熱源』の主人公のひとりヤヨマネクフ(山辺安之助)は樺太に生まれ、やがて赤道を超えて南極をめざす。もうひとりの主人公であるブロニスワフ・ピウスツキはリトアニアに生まれ、皇帝暗殺を謀った罪でサハリン(樺太)へと流刑になる。北から南へ、西から東へとダイナミックに移動した彼らの足取りが地図上で明らかに!

※クリックすると拡大します

印刷したい方にはPDFファイルもあります。

PDFファイルをダウンロード  

【次ページ 番外編:地図にはのせられなかった南極】

特設サイトへ
単行本
熱源
川越宗一

定価:2,035円(税込)発売日:2019年08月28日

プレゼント
  • 『夜に星を放つ』窪美澄・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/5/27~2022/6/3
    賞品 『夜に星を放つ』窪美澄・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る