特集

明治初期から太平洋戦争の終焉まで。壮大な物語を読み解く『熱源』ガイド――地図編

文: 「オール讀物」編集部

『熱源』(川越 宗一)

『熱源』の主人公のひとりヤヨマネクフ(山辺安之助)は樺太に生まれ、やがて赤道を超えて南極をめざす。もうひとりの主人公であるブロニスワフ・ピウスツキはリトアニアに生まれ、皇帝暗殺を謀った罪でサハリン(樺太)へと流刑になる。北から南へ、西から東へとダイナミックに移動した彼らの足取りが地図上で明らかに!

※クリックすると拡大します

印刷したい方にはPDFファイルもあります。

PDFファイルをダウンロード  

【次ページ 番外編:地図にはのせられなかった南極】

特設サイトへ
熱源川越宗一

定価:本体1,850円+税発売日:2019年08月28日


 こちらもおすすめ
特集明治初期から太平洋戦争の終焉まで。壮大な物語を読み解く『熱源』ガイド――年表編(2020.03.02)
インタビューほか直木三十五賞 候補作家インタビュー(2)川越宗一 極寒の地を生き抜いた人々の信念(2020.01.05)
インタビューほか山田風太郎賞候補作『熱源』作者の創造力に迫る!(2019.10.18)
インタビューほか<川越宗一インタビュー> 全国の書店員から絶賛の声が! 読者の胸を熱くさせる「強烈な故郷への思い」(2019.10.10)