特集

明治初期から太平洋戦争の終焉まで。壮大な物語を読み解く『熱源』ガイド――年表編

文: 「オール讀物」編集部

『熱源』(川越 宗一)

『熱源』で描かれる時代は、明治初期から昭和の太平洋戦争の終焉まで、約70年という長きにわたる。その間、日本は富国強兵化で急速な近代化と領土拡大を進めていく。一方、世界は大国同士が戦争を繰り返し、さらには大きな社会主義革命や独立運動が各地で起きていた。ヤヨマネクフやシシラトカら樺太アイヌと、ピウスツキ兄弟らは、どのような歴史の流れに抗ってきたのか!?

※クリックすると拡大します

 

1863年
旧ポーランド・リトアニア共和国領でロシア帝国に対する武装蜂起発生

明治

1868年
明治維新

1874年
北海道で屯田兵制度を設施

1875年
樺太・千島交換条約が締結、樺太がロシア領、千島列島が日本領となる

1877年
西郷隆盛を大将に西南の役

西南の役の大将西郷隆盛
西南戦争の激戦地となった田原坂周辺の陣地後
 
特設サイトへ
熱源川越宗一

定価:本体1,850円+税発売日:2019年08月28日


 こちらもおすすめ
特集明治初期から太平洋戦争の終焉まで。壮大な物語を読み解く『熱源』ガイド――地図編(2020.03.02)
インタビューほか直木三十五賞 候補作家インタビュー(2)川越宗一 極寒の地を生き抜いた人々の信念(2020.01.05)
インタビューほか山田風太郎賞候補作『熱源』作者の創造力に迫る!(2019.10.18)
インタビューほか<川越宗一インタビュー> 全国の書店員から絶賛の声が! 読者の胸を熱くさせる「強烈な故郷への思い」(2019.10.10)