インタビューほか

エジプト人は財宝を盗み、ヨーロッパ人はミイラを盗み、そしてナポレオンは文明を盗もうとした!

篠田 航一

『盗まれたエジプト文明』(篠田 航一)

『盗まれたエジプト文明』(篠田 航一)

 エジプトでよく聞くことわざがある。

「時は全てを笑う。ピラミッドは時を笑う」

 なるほど、と感心したのは、学生時代に貧乏旅行で初めてエジプトを訪れた二〇歳の時だ。紀元前二六世紀に造られたという巨大なクフ王のピラミッドの前に立ち、この言葉の意味が少しだけ分かった気がした。全てのものは時の流れに逆らえない。しかし時がどれだけ過ぎようとも、それをあざ笑うかのようにピラミッドは変わらず存在している。諸行無常の世にあって、この国の遺跡は太古の昔から変わらない。圧倒的な存在感で今もそこにある。

 だが悠久のエジプト史は、盗掘と略奪の歴史でもある。

 古代王朝が始まり、ファラオ(王)が眠るピラミッドに副葬品が納められると、さっそく墓泥棒が登場した。ピラミッドは目立つ。遠目にもその威容が分かるので「ここに宝がありますよ」と宣伝しているようなものだ。そう気付いた王たちはやがて墓を砂漠の岩山にひっそりと作るようになった。だがこうした墓も次々に暴かれる。珍しく盗掘を免れたのが「黄金のマスク」で有名なツタンカーメン王の墓だが、これはむしろ例外といえるだろう。

 盗掘者はエジプト人だけではない。中世以降、「秘薬」とされたミイラを求め、文化財略奪に手を染めたのは主に欧州の人々だった。やがてエジプトをまるごと奪おうとしたナポレオンが登場する。一九世紀以降は古代への情熱にかられた学者、好奇心いっぱいの旅行者が大挙してエジプトに押し寄せた。こうした中に、映画「インディ・ジョーンズ」シリーズのモデルになったとされる稀代の冒険家ベルツォーニも登場する。

 よくもまあ、人はこれほど盗みをはたらくものだ。エジプト史を概観するとつくづくそう思う。「エジプト最古の職業は墓泥棒」といったジョークさえある。もちろん古代でも盗みは犯罪であり、特に墓泥棒には死罪も適用された。

 それでも人は盗む。

盗まれたエジプト文明篠田航一

定価:本体880円+税発売日:2020年08月20日


 こちらもおすすめ
インタビューほか世界各国のコロナ対策を見れば、国民性がハッキリ見える(2020.08.25)
特集女帝 小池百合子──救世主か? “怪物”か?(2020.05.31)
書評イデオロギーには空爆できない――「イスラム国」のテロが終わらない理由 (2018.01.12)