書評

復讐の転落人生をなぜかポジティブに生きる、コミカルな主人公

文: 瀧井 朝世 (ライター)

『熱望』(水生 大海)

『熱望』(水生 大海)

 こんな人、絶対に好きになれない。こんな人生、絶対に送りたくない。そう思うのにページをめくる手が止まらないのはどうしてだろう。別に彼女に幸せになってほしいわけでもないし、「他人の不幸は蜜の味」というほど意地悪な気持ちもない。しかしいつしか、この人がこの先どこにたどり着くのか、見届けたくなっている。

 一人の女性が人生の崖っぷちに立たされるところから始まる『熱望』。主人公の清原春菜の実家は兼業農家だが、田舎暮らしを嫌い大学進学を機に都会に出て、そのまま派遣社員となり、現在三十一歳だ。最近になって結婚相談所のパーティに出かけて知り合った男性と婚約したものの、乞われて金を用立てた直後から相手と連絡が取れなくなってしまう。さらに派遣先からは契約を打ち切られ、窮地に陥った彼女がとった行動とは――。

 おそらく、清原春菜に共感をおぼえる読者は少ないだろう。たとえ似た境遇にあったとしても、「自分はこんなに性格悪くない」と思うはず。そう、このヒロイン、相当自己中心的な人間なのだ。だが人生の崖っぷちに立たされた時、人はこんなふうにエゴむき出しになるのかもしれない。これまでの作品でも利己的な人間を描いてきた著者だけに、その人物描写は的確だ。性格のねじ曲がった人間の心理を掘り下げ、そこから起きるさまざまな出来事をここまでテンポよく描ける筆力もさすがである。本作はミステリーやサスペンスに分類されるのだろうが、個人的には人間の滑稽さを浮き彫りにしたブラックコメディとしても楽しめた。

 なんと言っても、清原春菜ってめちゃくちゃポジティブでないですか? たとえば、彼女はどうやらちょっと太めのようなのだが、そこにコンプレックスを抱くのではなく、「現代の理想体重が低すぎるだけ」ととらえるたくましさを持っている。実際、たとえば、これまでのファッションモデルの体型は細すぎたとして見直される動きがあるなど、彼女の主張はまったくもって正しく、世の外見で悩む人たちもこれくらいの自己肯定感を持っていいんじゃないかとは思う。だが彼女の場合、自分のためだったら他人を利用することをなんとも思っていない点、他者を尊重する気持ちがまったくない点が問題だ。次々困難にぶつかっても、それで落ち込んだり自己憐憫に浸ったりすることなく、すべて周囲のせいにする、あるいは周囲を見下すことでプライドを保っている、というタイプのポジティブさ。また、第一章の最後にある程度まとまった金を入手する春菜だが、決して生活に余裕ができたわけではないのに第二章の冒頭でプチ整形をしてご機嫌になっている様子などは、コミカルにさえ思える。

熱望水生大海

定価:本体690円+税発売日:2020年09月02日


 こちらもおすすめ
インタビューほか残業代不払い、有給休暇の取得……その時、社労士はどう動く?(2019.10.30)
書評ハルチカが本編の謎に迫る! 初野晴による、解説にかわる特別短編「究明するひと」(2015.10.27)
書評暴走する“普通”のエゴイズム(2013.05.21)
特集20代・30代・40代で年齢別感想戦! 長い夜にガールズ読書会(2019.12.10)
コラム・エッセイ“貧困女子”ルポライター初の小説。ノンフィクションとは違う血の滾る執筆経験だった(前編)(2019.12.11)