本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
著名人であろうが庶民であろうが、ひとりの人間にはさまざまな顔がある。

著名人であろうが庶民であろうが、ひとりの人間にはさまざまな顔がある。

浅見 雅男

『明治天皇はシャンパンがお好き』(浅見 雅男)

出典 : #文春新書
ジャンル : #ノンフィクション

『明治天皇はシャンパンがお好き』(浅見 雅男)

 この本に登場する人物は、最後の一人を除いて、すべていわゆる著名人、有名人である。

 天皇、皇族、文士、学者、実業家、政治家、ジャーナリスト、スポーツマン、芸能人などなど、日本人の十人に九人はその名前を知っているだろう人たちである。

 当然、伝記などもたくさん書かれ、また彼らを主人公としたノンフィクション、あるいは小説なども多い。それらを通じて、この人たちのわれわれなりのイメージをつくりあげているわけだが、本書『明治天皇はシャンパンがお好き』は、それになにかをつけくわえられたら面白いのでは、という意図のもとに書かれた。

 酔っ払う名君や大教育者、他人のふところを自分の財布のようにする文化勲章受章者、ペンネームを変えた有名作家、いつの間にか日本人になった少年たちの英雄、「ミストレス」が大統領からネックレスをもらった元老……。

 プラスにしろ、マイナスにしろ、われわれはひとに「レッテル」を貼るのが好きだ。しかし、著名人であろうが庶民であろうが、ひとりの人間にはさまざまな顔がある。そんな当たり前のことをあらためて考えながら、歴史を見ていきたいと思う。


(「まえがき」より)

明治天皇はシャンパンがお好き
近現代日本 歴史の横顔
浅見雅男

定価:本体820円+税発売日:2020年12月17日

ページの先頭へ戻る