本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
映画『キネマの神様』が困難を乗り越えて遂に完成

映画『キネマの神様』が困難を乗り越えて遂に完成

文:「オール讀物」編集部


ジャンル : #小説

 原田マハさんが自らの家族をモデルにした小説『キネマの神様』。多くの読者から感動の声が寄せられてきた本作が、日本映画界を代表する山田洋次監督によって、今年8月6日(金)ついに全国ロードショーを迎える。

(C)2021「キネマの神様」製作委員会 配給:松竹

 もともと本作は2020年3月1日にクランクイン、主人公・ゴウの若き日を菅田将暉、年齢を重ねたゴウを志村けんが演じるというW主演でスタートした。しかし撮影の半分を終えた3月末に志村がコロナで急逝。それは半世紀以上映画界に関わってきた山田監督にとっても、「すでに撮影に入り脚本(ホン)読みも進んでいる中で、主役が亡くなるなんて体験したことがなく困り果てた」という。

『キネマの神様』(原田 マハ)

 ほどなく緊急事態宣言が発出され、撮影が中断するという困難な状況下、山田監督は志村の代役として、沢田研二に白羽の矢を立てた。「志村さんは日本を代表するコメディアンで三枚目。一方で沢田さんは日本を代表するいい男であり二枚目です。対照的ではあるけれど、志村さんのために書かれた脚本を、沢田さんなら別の形でいいものにしてくれる予感がありました。ご本人も相当悩まれただろうし、不安もあっただろうけれど……酔っ払いでギャンブル好き、どうしようもないゴウというお父さんを、沢田さんに実に魅力的に演じていただきました。今はほっとしているし、本当に良かったです」

 もう一人のゴウ役・菅田将暉も「沢田さんのゴウはものすごくパワフルで、撮影現場を見学させていただいた時も、僕以上に動き回って大暴れしていました。お酒にも博打にも目がなくて、そこは駄目なんだけれど、チャーミングで色気があって」と絶賛する。一方で自身が初めて参加した山田組については、「撮影のシステム自体が『執念』の塊という感じで、粘って粘って撮影しても翌日にリテイクになったりもする(笑)。でもそれは俳優としてそこまで求められているということなので、僕は嬉しかったですね」と撮影を振り返った。

3月29日に行われた映画『キネマの神様』完成報告会見に登壇した(前列左から)山田洋次監督、宮本信子さん、菅田将暉さん、永野芽郁さん、(後列左から)寺島しのぶさん、小林稔侍さん、野田洋次郎さん

 ゴウの妻となる淑子役は、菅田の相手を永野芽郁、沢田の相手を宮本信子、ふたりの娘・歩役を寺島しのぶ、親友・テラシン役を小林稔侍、往年の名女優・桂園子役を北川景子が演じるなど、松竹映画100周年を記念する豪華なキャストも見どころのひとつ。さまざまな困難を経て、いよいよ今夏公開を迎える『キネマの神様』について、山田監督も菅田も「ぜひ映画館で皆さんに観てほしい」と口をそろえて完成報告会見は締めくくられた。

『キネマの神様 ディレクターズ・カット』(原田 マハ)

 さらに映画の完成を受けて、原作者の原田マハさんは、『キネマの神様 ディレクターズ・カット』を上梓した。これは原作から山田監督が創り出した脚本を下敷きに、ゴウとテラシンと淑子と歩、映画を愛する人々のもうひとつの奇跡の物語として書き下ろされた。「心理描写やディティールにおいて、さすが小説家だとうならされた」と山田監督も太鼓判の新刊も併せて注目してほしい。


※映画『キネマの神様』の原作者・原田マハさんと山田洋次監督の対談は、「オール讀物」8月号(2021年7月20日発売)に掲載されます。

キネマの神様
原田マハ

定価:748円(税込)発売日:2011年05月10日

キネマの神様 ディレクターズ・カット
原田マハ

定価:1,760円(税込)発売日:2021年03月24日

ページの先頭へ戻る